« レインメーカー | トップページ | ビデオ「アマロ神父の罪」 El crimen del Padre Amaro »

地デジ

フレッツテレビを導入して1週間。物珍しさで、地デジやBSデジタル放送を見ている。画質がアナログに比べてきれいなだけかと思っていたら、番組表とかデータ放送とか、いろいろおもしろい機能があるんだ。もう常識なのかもしれないけど、私はワンセグチューナーも使ったことがなかったので新鮮だった。

たとえば、何かの映画をやっていたとする。「あれ、これ、何の映画?」と思って番組詳細のボタンを押すと、その番組のタイトルや出演者が表示される。しばらく見ていておもしろそうだったらタイトルをひかえておいてレンタルすればいい。テレビを見ていて、「この人の名前なんだっけ?」なんていう疑問もすぐに解決するわけだ(もちろん、必ずというわけじゃないけど)。映画に限らず、その番組を説明してくれるのはありがたい。テレビをつけて「この人たち何やってるの?」とか「ここ何処?」なんて思うことはよくあるからだ。

データ放送もおもしろい。朝など、天気予報だけ知りたい、ということはあるが、なかなか天気予報をやってくれなかったりする。で、データ放送のボタンを押すと、放映されている番組の画面が小さくなって、まわりに天気予報やニュースが表示される。もう少し詳しい情報を知りたければそれも可能だ。データ放送も各局いろいろあって、ちょっとしたゲームができるものもあったりする。まあ、その放送局の宣伝の部分が多かったりするんだけど。

というわけで、地デジ環境を楽しんでいるが、録画に関してはアナログに比べるとちょっとめんどくさい。当初、デジタル放送の録画に関しては、コピーワンスという規制があって、録画したものをさらに別のものにコピーするということができなかった。たとえば、ハードディスクに録画したものをDVDにコピーしたいと思ってもそれはできなくて、ハードディスクからDVDに移す(ムーブ)ことしかできない。それではあまりにも不便だというので、ダビング10という方式になり、録画したものを10回だけコピーすることは可能になった。とはいえ、デジタル放送の録画については、そういうコピーワンスとかダビング10とか、それに対応した機器でないとできない、という不便さがある。

さて、以下の文は、地デジ対応テレビと録画機器との接続がうまくいかない人への参考のために。私も??だったので(--;)。

我が家の地デジ対応テレビは東芝の32C3500、録画機器は同じく東芝のD-VR2だ。D-VR2は、VHS と DVD がどちらも使えるようになっているもので、地デジチューナーはついていないけど、説明書を見ると、地デジ対応テレビとの接続をすることでデジタル放送の録画も可能だと書いてある。それで、赤白黄のケーブルを使ってテレビのデジタル出力端子からビデオの入力端子につないでみたけど、外部機器入力画面にしても画面に何も表示されない。ケーブルが悪いのか、とケーブルを交換しても、入力箇所(ライン1から3まであったので)を変えてみても、やはり同じ。何が悪いのかわからず、東芝のサポートに電話して尋ねたところ、テレビの録画状態にしないとビデオ側に信号が送られない、ということが判明。デジタルテレビの番組表から録画したいものを選び、それを録画、と選ぶと、ライン入力画面に映像が表示され、音声も聞くことができる。そして、ビデオでも録画の設定をして、録画が可能となる。テレビの出力端子とビデオの入力端子をを接続しても、録画状態にしないとビデオを通してテレビを見ることはできない、なんていう仕様だということが説明書に書いていない(と思う)のはちょっと不親切だなぁと思う。新しい録画機器なら「レグザリンク」というのが使えて録画が簡単にできる(?)ので、そういう説明が不要なのかもしれないけど。まあ、サポート電話は、数分待ったらつながる状態だったのでよしとするか。

D-VR2 は、コピーワンスには対応しているけど、ダビング10には対応していない(たぶん)し、デジタル放送の録画は DVD-RAM か VHS にしかできなくて、DVD-R や DVD-RW にはできない。また、DVD-RAM に録画したものを別の機器(パソコンとか)で見ようとしてもできない。というわけで、録画したものを他の機器でも見たい場合には VHS に録画することになる。VHS に録画したものを DVD-R にコピーすることはできる。DVD-RAM でも VHS でも、ビデオを通すと画質は落ちるけど、放送大学を見たりするぶんには問題ないし、当分はブルーレイレコーダーなどを買うつもりはない...んだけど、そのうちブルーレイが主流になってくるのかなぁ。

|

« レインメーカー | トップページ | ビデオ「アマロ神父の罪」 El crimen del Padre Amaro »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

2009年4月からフレッツテレビはe2スカパーが対応しました。
スカパー光よりは番組数は少ないですが、チューナーなどをレンタルしないで3波対応のCS110°のチューナーのテレビで見れます。
またe2スカパーはハイビジョン放送も含まれていると聞きました。
外につけるパラボラでe2スカパーを見るのと同じということですね。

投稿: フレッツ | 2009.10.26 01:30

フレッツさん、

はい、私もスカパーe2のお世話になってます。
「シネフィルイマジカ」という映画チャンネルを契約してます。ハードディスクレコーダーを買ったら無料利用券みたいなのがついてきたので利用していましたが、ハードディスクに録りためたものがかなりいっぱいになってきたのでそろそろ解約しようかと思っています。で、またどうしても見たい映画が放映されるときに契約するつもりです。
チューナーレンタルしなくてすむのはいいですね^^。

投稿: じゃりんこ | 2009.10.26 06:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17663/44165314

この記事へのトラックバック一覧です: 地デジ:

« レインメーカー | トップページ | ビデオ「アマロ神父の罪」 El crimen del Padre Amaro »