« 放送大学面接授業「初歩のフィリピン(タガログ)語」 | トップページ | フレッツ・テレビ »

映画「旭山動物園物語」

楽しい映画だった。入場者数が減り続け、廃園の危機に瀕した動物園がどうやって再生を図っていったのか、という話。仕事が好きな人、というか、一所懸命やってしまう人の話は楽しい。動物の世話をしているうちに、わが子のような愛情を感じていく、というのはわかる気がする。飼育係を演じていた長門博之とか柄本明とかがとてもよかった。最後はちょっと演出過剰気味な感じがしたけど...これが実話っていうのが(すべてのエピソードがそうなのかな?)またすごいな(^^)。

|

« 放送大学面接授業「初歩のフィリピン(タガログ)語」 | トップページ | フレッツ・テレビ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17663/44076677

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「旭山動物園物語」:

« 放送大学面接授業「初歩のフィリピン(タガログ)語」 | トップページ | フレッツ・テレビ »