« 本「この世でいちばん大事な「カネ」の話」by 西原理恵子 | トップページ | ビデオ「A Walk to Beautiful」 »

映画「チェ」Che Part one & Part two

ゲバラファンとして気になっていた「チェ 28歳の革命」と「チェ 39歳別れの手紙」を続けて見た。ゲバラのことは多少は知っていると思っていたけど、それでもあまりわかりやすい映画ではなかった(^^;)。特に1本目は、年代がしばしば前後するので、いっそうわかりにくいし、エンターテインメントとして楽しめる映画ではない。「モーターサイクルダイアリーズ」はゲバラのことをまったく知らない人が見ても楽しめるものだったけど、これはゲバラのことをまったく知らない人が見ても楽しめないと思う。それでも、完全に事実を再現したわけではなく、多少のフィクションは加えられているようなので(2本目のクレジットの最後にそういう断り書きが入っているのに気づいた)、どこまでが本当のことなのか、というのも気になるところ...ではあるものの、ほとんどは実話であるのだろう、と思うと、やっぱり素敵な人だったのだなぁと思った。監督もゲバラが好きでこの映画を作っているのだろうから、そういう作りになるのは当然なんだろうけど...。

革命家として、反革命分子には厳しかった、というような話を聞いたことがあるので、そういう話ももっと出るのかと思っていたが、そういう部分はあまり描かれていなかった。革命に勝利するためには武装闘争が必要、という考え方も私には理解しにくいところではある。ただし、キューバ革命を成功に導いたのは、確かに武装闘争だったのだろう。しかし、ボリビアでは成功しなかった。捕らえられて、「農民がお前のことを通告したのは、彼らがお前のことを嫌っていたのでは?」と問われ、「そうかもしれない。しかし、我々の闘争が失敗したことで、自分たちの状況に気付くかもしれない」と答えていたのが印象的だった。

「やっぱり素敵な人だなぁ」と思ったのは、(これは有名な話なのかもしれないけど)「革命家として一番大切な資質は?」という質問に(以下ちょっとネタバレ)

「愛」と答えていたこと。これは彼自身の言葉なのだろう(だとしたら、ゲバラファンとして知らなかった、というのも情けない話だけど(^^;))。そして、たぶん、その言葉は本心なんだと思う。革命の敵から車を奪って乗っていた仲間に気づき、返すように命令する、そういう律義さも好きだ。カストロへの手紙も心に残る文だし、ゲバラという人のことをもっと知りたくなった。

|

« 本「この世でいちばん大事な「カネ」の話」by 西原理恵子 | トップページ | ビデオ「A Walk to Beautiful」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

私はパート1だけ観ました。先入観を持ちたくなかったのでキューバ革命やゲバラに関する本は読まずに観ました。

映画はノンフィクションだとばかり思っていたのですが、確かに「革命家として一番大切な資質は?」にゲバラが「愛」と答えたところはフィクションみたいに思えますね。

人命を助けるはずのお医者さんが次々と人を殺していく姿を見ていてパート2はもう観たくなくなりました・・・。

映画の中でゲバラに拍手喝采を送る人々と「人殺し」となじる人が出てきたので、受け止め方は人それぞれなのでしょうね。

リンクした記事で紹介した映画「The Rescue」は、アメリカの若者たちがLRA(キリスト教原理主義勢力)によって子供兵にされた子供たちを救出するためにつくったドキュメンタリーです。

武装勢力に映画で対抗するアイディアは応援したくなります。

投稿: PFC | 2009.03.19 23:01

PFC さん、

パート1は、何の予備知識もなしに見るのはちょっときついと思います。もちろんある程度のことはご存知なのでしょうけれど、キューバ革命のことについて多少は知っている私にとってもわかりにくいつくりでした。

「革命家として一番大切な資質が愛である」と答えたのはフィクションではなく事実のようです。彼が革命を志向するようになったいきさつはモーターサイクルダイアリーズなどで描かれていますが、こういうことばが出てくるのが理解できます。彼が子どもたちにあてた手紙にもそういう考えがあらわれていて、なんとも素敵なので、近いうちにブログに載せたいと思っています。

ゲバラは少年を兵士にすることはありませんでした。パート2のほうで出てくるのですが、革命に参加したいと志願してくる者に対しても、若すぎる者は採用しようとはしませんでした。映画の中では熱意に負けて採用したことがあるように描かれていますが、Wikipedia では、「ゲリラ軍に志願して来た農民にも、資格として読み書きが出来る成年者である事を最低限要求し、条件を満たさない者はどんなに熱意があろうと容赦なく切った。」と書かれています。

パート1を見たあと、パート2を見る気にならないというのはわかります(^^;)が、パート2のほうがおもしろかったです。でも、基本的にゲバラのかっこいいところを描いていて、ゲバラ讃歌になっていると思うので、全体像はつかめないのかもしれません。

投稿: じゃりんこ | 2009.03.20 16:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17663/44349070

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「チェ」Che Part one & Part two:

« 本「この世でいちばん大事な「カネ」の話」by 西原理恵子 | トップページ | ビデオ「A Walk to Beautiful」 »