« 「赤ちゃんはどこへ行ったの?」 | トップページ | ゲバラが子どもたちに書いた手紙 »

ちょっと不思議なみつまたの花

今年も吉野梅郷へ。一昨日の毎日新聞夕刊に「梅が見頃」と出ていたけど、ここ2日ほどの強風のためか、結構散り始めていた。それでも梅の絶景ポイントからの景色は例年と同様きれいなものが見られたけど、いつも同じような写真になってしまうので、今日は民家の庭先で見かけたちょっと不思議な三椏(みつまた)の花の写真を。
一本の木から赤と黄色ふたつの花が咲いています。
P3210291
花は沈丁花科だそうで、いい香りがしています。(この二枚目の写真は長女が携帯のデジカメで撮ったもの。私がふつうのデジカメで撮ったものよりもきれい(^^;))
Nk1736
枝が三本に分かれるので「みつまた」という名前がついたとか。樹皮は和紙の原料になり、一万円札はみつまたから作られているそうです。

|

« 「赤ちゃんはどこへ行ったの?」 | トップページ | ゲバラが子どもたちに書いた手紙 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

じゃりんこさん、こんにちは^^
「こうぞ・みつまた」が和紙の原料っていうのはどこかで習ったけど
みつまたってこんな花だったのですね~!初めてみました。
(漢字も初めて見た!)
ほんと、不思議な感じですね、つぼみもお花も。
目の保養になりました。ありがとう^^

投稿: ぴよ♪ | 2009.03.22 22:26

ぴよ♪さん、

そうそう、「こうぞ、みつまた」ってセットになってるんですよね(^^)。何で覚えたんだっけ?
私もその和紙の原料のみつまたがこんな花をつけるなんて知らなかったし、こんないい香りだとも知らなかったです。香りも遅れたらよかったんだけどね。
花の季節はうきうきするね(^^)。

投稿: じゃりんこ | 2009.03.22 23:35

じゃりんこ様

初めまして。
随分と前の記事に突然の書き込み、失礼いたします。

私、とあるテレビ番組の制作を行っております。
今、当番組で、和紙の製造工程の取材を行っております。
その和紙の原料となりますのが、この記事に載っております、「みつまた」で、現在番組の映像内で使用するみつまたの写真を探しております。

検索をしていたところ、じゃりんこ様のブログで、大変わかりやすく綺麗なみつまたの写真を発見し、
もし可能であれば、番組内で使用させていただけないかというご相談で、書き込みをさせていただいた次第です。

よろしければ、私のメールアドレスにご返信いただけますでしょうか。

何卒、よろしくお願い致します。

投稿: せきがわ | 2012.12.04 12:51

せきがわ様

長女に訊いたところ使ってもらってかまわないということでしたので、どうぞお使いください^^。

投稿: じゃりんこ | 2012.12.04 21:34

じゃりんこ様

突然の申し出にも関わらず、快いお返事をいただき、ありがとうございます!

使用が確定しましたら、また、ご連絡できればと思います。

娘さんにもよろしくお伝えください。

投稿: せきがわ | 2012.12.05 01:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17663/44422085

この記事へのトラックバック一覧です: ちょっと不思議なみつまたの花:

« 「赤ちゃんはどこへ行ったの?」 | トップページ | ゲバラが子どもたちに書いた手紙 »