« ビデオ「星の流れる果て」Not without my daughter | トップページ | ネットショッピングの失敗を取り戻す(^^)v »

アメリカ人から見たイラン

先日の続き。同僚のAとBから「イランはひどい国である」ことを証明している映画があると教えられ、インターネットでその映画が「星の流れる果て」であることを見つけ出し、DVDは出ていないけど、ヤフオクでビデオが500円だったので購入して鑑賞。

じゃりんこ:「星の流れる果て」、見たわよ。
:そうなの?で、どうだった?
じゃ:うーん...確かに、こういう事実はあるんだと思う。でも、実話に基づいているとはいっても、これは映画だし、すべてが事実というわけじゃないわ。インターネットムービーデータベースに、『この映画は全然真実を描いていない』っていう書き込みもあったわ。
:そう?何が違うって?
じゃ:たとえば、テヘランに羊はいないし、この映画にイラン人はひとりも出演してないし、誰もまともなペルシャ語を話してないし、女性の権利が侵害されているというけど、女性は家庭の中では大きな力を持っているし...
:まあ、じゃりんこ。イランはそういう国なのよ。女性は抑圧されているの。彼女は自由に外出することもできなかったし、もし離婚したら否応なく子どもは夫のものになるし。そんなのヘンでしょ。イランの人が悪いっていうわけじゃないけど、人々はそういうふうに育てられてきたからそれが当然だと思ってる。北朝鮮もそうよ。すごく貧しいのに、少しでも食べ物とかが与えられたら「将軍様のおかげ。ありがとうございます。」(*彼女が"将軍様"という言葉を使ったわけではなく、「"首相"だかなんだか知らないけど」というような言い方だったと思います)だなんて。で、実はその将軍様は自分は女性を身の回りにはべらせて贅沢な暮しをしてるんだって?人々はすごく貧しい生活をしてるのに、ひどい話よね。でも、人々はそんな人を神様みたいに崇めてる。何も知らないのよ。
じゃ:北朝鮮の話は、確かにそういう部分はあるわ。でも、人々だって何も知らないわけじゃないよ。ただ、カメラの前では本音を話せないのよ。もし本音を話したらどうなると思う?...自分が現地に行ったわけでもなく、映像を見ただけで、それを信じ込んでしまったらダメなんじゃないかな。
:それはそうでしょうけど...でも、日本とかアメリカとかだと自由にものが考えられるけど、イランとか北朝鮮は違うのよ。「これだけが正しい」って、小さい頃から教育されてるから、自由にものを考えることができなくなってしまってるのよ。

Bの話を聞きながら、「自分にもそんなところがあると思わない?」と訊きたくなってしまった...訊かなかったけど。Bは敬虔なキリスト教徒で、教会の仕事もしている。まわりに気配りのできる優しい人で、むやみに人の悪口を言うような人じゃない。だから、彼女がイランや北朝鮮に対してかなりの嫌悪感を持っているというのはちょっと意外だった。でも、これって、アメリカ政府の宣伝が功を奏しているっていうことなんじゃないだろうか。「イランや北朝鮮はひどい国だ」というプロパガンダ。「星の流れる果て」は1991年制作の映画だけど、近年になってまたよく上映されているようなのだ。AやBもわりと最近見たような口ぶりだった。アメリカ人は自由にものを考えることができているか、というと、かなりそういう宣伝に影響されている部分はあるのではないか...「民主主義は正しい。イランや北朝鮮は遅れた国で、人々は幸せじゃない。」...そう信じるように教育されているのでは...。こんなえらそうなことを言ってる私自身、広い視点からものごとを見ることができているか、というと、必ずしもそうでない場面もたくさんありそうだけど...(^^;)。この記事にしても、「アメリカ人から見たイラン」なんて御大層なタイトルをつけているけど、一アメリカ人の見方であって、アメリカ人みんながそうだとはかぎらないわけだ...

3月1日の CNN.com に、「ハリウッドがイランを侮辱する映画を作っていることについて、アメリカはイランに謝罪すべきだ、という要求がでた」という記事が載っている。(日本語版はこちら) イランを侮辱する映画としてあげられたのがこの「星の流れる果て」と「300」だ。外国人が日本を描いた映画を見ると違和感を感じることがあるが、この「星の流れる果て」も、イランの人たちから見ると耐えられないものがあるのだろう。そして、イランの人たちからのそんな声を聞かなければ、私を含め、「ハラハラドキドキのおもしろい映画、抑圧と闘った勇敢な女性の物語」としてだけ見てしまう人はたくさんいそうだ。気をつけないと...。

|

« ビデオ「星の流れる果て」Not without my daughter | トップページ | ネットショッピングの失敗を取り戻す(^^)v »

米軍基地保育園」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17663/44254454

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカ人から見たイラン:

« ビデオ「星の流れる果て」Not without my daughter | トップページ | ネットショッピングの失敗を取り戻す(^^)v »