« 映画「グラン・トリノ」 | トップページ | 映画「大丈夫であるように」 »

思いこみ

3-5歳児クラス担当の保育士Lの話。
「この間、Cが私に言うのよ。”ミスL、僕のおじさんが死んだんだ。おじさんは警察官で、悪いやつに撃たれて...”って。話ながら、目はウルウルしてくるし、そう、それは大変だったね、と言ってたの。で、その話をおとうさんにしたら...」

「なんと、そのおじさんって、Cのおじさんじゃなくてスパイダーマンのおじさんなのよ。Cは自分がスパイダーマンだって思い込んでるらしいの。」

Cは、以前うちのクラスにいたときもスーパーマンごっこをするのが好きだったりしたけど、今はスパイダーマンになっているのか(^^;)。子どもって、テレビなんかを見ているうちに、それが本当のこと(自分のこと)と思ってしまうものなのかなぁ。でも、ここまで思い込めるっていうのはちょっとめずらしい気もする(^^;)。

|

« 映画「グラン・トリノ」 | トップページ | 映画「大丈夫であるように」 »

保育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17663/44673034

この記事へのトラックバック一覧です: 思いこみ:

« 映画「グラン・トリノ」 | トップページ | 映画「大丈夫であるように」 »