« 本「ベーシック・インカム入門」by 山森亮 | トップページ | 映画「グラン・トリノ」 »

救急車

先週から遅番になった。8時半に部屋に入ると、私を見つけた子ども達が、「じゃりんこ〜」と挨拶しに来てくれる(^_^)。子ども達と、今日着ているティーシャツのことなど、話をしながら、クローゼットにジャケットを片付け、エプロンを出してクローゼットのドアを閉めたところで、子どもの叫び声。また誰かが誰かを叩くか何かしたのかと思って(^^;)「どうしたの?」とその子を見ると、彼女の左手の親指がドアの隙間にはさまっている!
慌ててドアを開け、彼女の指をチェックすると、爪がつぶれたようになっていて、出血していた。すぐに大園長先生が来てチェック、「これは折れていると思うわ」と言う。というわけで、ありあわせのもので指を固定、救急車が呼ばれて、私は彼女と一緒に病院に行くことになった。
救急車に乗るのは二度目だけど、一度目の時は意識がなかったf^_^;ので、まあ初めての経験みたいなものだ。救急車に乗る時のステップが結構高く、彼女を抱っこしていた私にはちょっと大変だった。
たまたま彼女の両親は病院で働いている人で、病院に着くとすぐにお父さんが来られ、私にしがみついていた彼女も、お父さんのもとへ。
事故の状況を説明すると、「事故は起こるものだからね。彼女は大丈夫ですよ。」と言って下さった。
後は病院にお任せして、私は保育園に戻り、事故報告書を書いてから園庭に出ていた子ども達のところへ。
後で様子を聞いたところ、指は折れてはいなかったそうで一安心。でも、しばらく黒くなったりするかもしれないな。彼女が指をはさんだ隙間には、ピンチガードをつけて、こういうことが起こらないよう、予防することになった。ほんと、気をつけないと....(-.-;)

|

« 本「ベーシック・インカム入門」by 山森亮 | トップページ | 映画「グラン・トリノ」 »

米軍基地保育園」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17663/44630912

この記事へのトラックバック一覧です: 救急車:

« 本「ベーシック・インカム入門」by 山森亮 | トップページ | 映画「グラン・トリノ」 »