« 映画「60歳のラブレター」 | トップページ | デビー・ダウナー(英語) »

お掃除ロボット ルンバ530J

もともと掃除はとても苦手(^^;)なんだけど、腎盂炎になって2週間安静だったとき、さすがに毎日降り積もっていくゴミを見ているのはつらいものがあった。高3の次女が夕飯を作ったり、大学生の長女が夜遅く帰宅した後お皿を洗ったりしてくれていたけど、休日もそれぞれ忙しい彼女たちに掃除を頼むのは気がひけた。私は2週目には少しずつ動けるようになったものの、ご飯を作ったりはしても、掃除機を引っ張り出す気にはなれず...。

そんなとき、毎日新聞の家庭欄で、お掃除ロボットルンバの記事を読んだ。掃除ロボットが登場したころ、「そりゃ、勝手に掃除してくれればありがたいけど、そんなにうまくやってくれるはずないでしょ」と思っていたのだけど、ネットの評判などを読むと、結構役にたつようだ。問題は価格だが、定額給付金も出たし、母の日の前でもあるし、この際、と自分を納得させ(^^;)、楽天で安い店(下の商品写真でリンク)を探して購入。ゴールデンウィーク中だったので、届いたのは結局ゴールデンウィークが終わってからだったが、買って正解(^^)。

ロボットなので、何もかも自分で考えてやってくれるわけではなく、動きやすいようにこちらが場を整えてやる必要がある。つまり、床にあるものをできるだけのける。ダイニングの椅子をテーブルに載せる(学校の教室掃除のように...って今はそんなふうにしないのかな(^^;))、ゴミ箱やピアノのイスなどは廊下に出したりソファなどの上に置く、コード類を棚の上に載せる、カーテンがからまないようにちょっと上で留める、など。まあ、こんなことをしなくてもそれなりに掃除はしてくれると思うけど、このほうがルンバちゃん(と呼びたくなる(^^))が掃除しやすいし、よりきれいになるので。自分で掃除をするときは、こんなことをせずに、邪魔なものをその都度のけながら掃除機をかける、という感じだったけど、自分が掃除をするときも最初にこうやって床の上の邪魔なものをのかせるほうがいいんだろうな、と気づく。

ルンバは丸いので、四角い部屋を丸く掃く、ということになりそうだけど、エッジクリーニングブラシというのがあって、コーナーのゴミをかきだすので、隅っこも一応きれいになる。「今、机でパソコン使ってるから、こっちには来ないであっちだけ掃除してて」っていうときは、バーチャルウォールを設定すればオーケー。このあたりの説明を詳しく見たい人はこちら

ルンバが掃除するのを見ていると、無駄な動きが多いようにも思える。掃除に時間がかかるので、私は最初から最後までずっと見ていたことはないけど、仕事を終えるとちゃんと自分で充電器に戻っている(^^)。一度、和室の掃除を頼んでから仕事に出かけて戻ってみると、部屋の真ん中で力尽きたルンバを発見。見るとビニール袋が絡まっている。押入れに布団を入れた後、開け放したまま出かけてしまった(^^;)ので、押入れに入り込んでそこにあったビニール袋が絡まってしまったらしい。翌日、ちゃんと押入れを閉めてもう一度掃除を頼み、無事完了。

カーペット(我が家には毛足の短いのしかない)もフローリングも畳もきれいになるが、台所マットなどはめくりあげてしまうことがあるので、でかけるときは、台所マットのゴミをできるだけ床に落として、マットはかたづけてしまうようにしている。リビングのカーペットはほぼ敷き詰め状態なので、めくりあげてしまうようなことはないが、掃除ロボットを作る人にとっては段差をどう扱わさせるかはむずかしい問題なんだろうなぁと思う。うちのLDKと廊下の境は引き戸になっていて、床との段差が2cmくらい。ルンバが引き戸の近くに来ると、幅5cm強の引き戸のレール部分に乗り上げてしまって、段差際の床部分の掃除がどうもうまくいきにくい。また、ルンバの厚みより低い部分(我が家だと、机の引き出しの下)にはもちろん入り込めないため、その部分のゴミはあらかじめ掃き出しておく必要がある。

そのほか、掃除の後のゴミ捨てもこちらがしなくてはならないが、たまったゴミを見ると「こんなに掃除してくれたの、ありがと^^」という感じで結構楽しい。何度かに一度はブラシの手入れもしなければならないが、これは普通の掃除機でも同じだろう。私は掃除機のブラシの手入れをさぼりがちだったけど(^^;)、ルンバは私のかわりに掃除してくれるという感じがするので、「ああ、ブラシの掃除しておかなくちゃ」という気になる。こまめにやれば、それほど大変でもない。だいたい掃除機というのは最初は吸い込み力も強いけど、次第にパワーが落ちてくる。ルンバのフィルターは水洗いができず、掃除にはエアーダスターを使うのが便利ということなのでひとつ買おうと思っている。そうやって自分でできるメンテはできるだけして、大事に使っていきたいと思う。

|

« 映画「60歳のラブレター」 | トップページ | デビー・ダウナー(英語) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

なんだか、けっこうかわいい奴ですね。

商品が出たのはずいぶん前でしたけど、地道に改良してきたみたいで、メーカーの執念を感じます。

投稿: Shira | 2009.06.04 17:49

Shira さん、おひさしぶりです(^^)。

ルンバ、そう、かわいいヤツなんです。
ウィキペディアの「ルンバ(掃除機)」という項目には、「敷物の端などがからまって動けなくなった場合、動ける範囲だけを掃除するか、停止して悲しげな音を発して人間になんとかしてもらうのを待つ」なんていう解説があり、ああ、和室で力尽きていたときはそんな音を発していたのかなぁ、なんて考えたり(^^;)...
これからも改良されていくのでしょうね。

投稿: じゃりんこ | 2009.06.04 22:12

愛犬の抜け毛がひどくて床にはいつも毛が舞っている状態から脱皮したかったのでルンバを買ってみました。ショップUSAという輸入代行のお店から直輸入品(ルンバ540)¥30,990で入手しました。
http://shopusa.jimdo.com/

使ってみると大変便利です。毎日のお掃除から解放されました。
英語の説明書しか入っていなかったので不安でしたが、基本的にボタンが一つしかないのと本体で日本語を選択すると日本語でエラーメッセージを解説してくれるので特に問題はありません。事務所用と友達に頼まれて計3つ注文しました。もう半年毎日使ってますが、特に故障もなく働いてくれています。ブラシが消耗してきたのでショップUSAに頼んで送ってもらうところです。

投稿: ninn | 2010.09.18 11:58

ninnさん、はじめまして。
ルンバ、役にたちますよね。私もずいぶんお世話になっています。
アメリカバージョンと日本バージョンではブラシの形状が少し違うようですが、使用には大差ないのでしょうね。そんな値段で入手できるならいいですね^^。
アフターケアもしっかりしているし、ルンバはやっぱりおすすめだよなぁと思っています(^^)。

投稿: じゃりんこ | 2010.09.19 07:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17663/45193029

この記事へのトラックバック一覧です: お掃除ロボット ルンバ530J:

« 映画「60歳のラブレター」 | トップページ | デビー・ダウナー(英語) »