« 笑顔になるマスク(^^) | トップページ | お掃除ロボット ルンバ530J »

映画「60歳のラブレター」

3組のアラカン(アラウンド還暦)カップルが交錯するラブストーリー。ありがちなストーリー(でも、ありえないセリフやシチュエーションも(^^;))だったりするけど、一か所、じーんときてしまったところがあった。

映画とは直接関係ないが、アラカンっていうのはなかなかしゃれたネーミングだな(^^)。アラサー、アラフォー、じゃあ50代はなんていうのかと思ったら、いくつか説があるようだけど、私は「アラフィー」っていうのが気に入った(^^)。で、20代だと「アラハタ(アラウンドはたち)」なんだそう。どうも「アラファト」って聞こえてしまう(^^;)。

一か所、じーんときてしまったのは(以下完全ネタバレなので、この映画を見る予定の人は読まないほうがいいです)

イッセー尾形が押入れを開けてギターを見つけるシーン。私には思いがけなくて、ぐっときてしまったけど、隣の友人は「あ、やっぱり!」と言っていたから、鋭い人には予測できることだったのかな。イッセー尾形と綾戸智恵のカップルの話は気持ちいい展開だった(^^)。

中村雅俊と原田美枝子のカップルを見ていて思ったのは、主婦ってやっぱりすごいなぁということ。料理にしても掃除にしても、中途半端主婦にはまねできないプロの腕前を持っている。中村雅俊は彼女のもとを離れて初めてその偉大さに気づき、彼女のもとにもどるけれど、彼女を単に便利な家政婦さんとして扱わないでほしいな、と願ってしまう。ラスト、ラベンダー畑でのラブシーンはとてもアラカンカップルとは思えない美しさだ(^^)。

最後のテーマソングを歌っていたのが森山良子で、この人もアラカン世代になるわけだけど、相変わらず若々しいきれいな歌声だった(^^)。

|

« 笑顔になるマスク(^^) | トップページ | お掃除ロボット ルンバ530J »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17663/45104966

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「60歳のラブレター」:

« 笑顔になるマスク(^^) | トップページ | お掃除ロボット ルンバ530J »