« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

シネマ歌舞伎「ふるあめりかに袖はぬらさじ」

去年、次女の高校のPTAで歌舞伎鑑賞会が計画されたとき、歌舞伎なんてなんとなくめんどくさそう、と思っていたのだが、役員のおかあさんたちが「おもしろいのよ」と力説される。でも、割引された料金でも高額で、結局行かなかった。が、少し前に「シネマ歌舞伎」というのがあることを知り、「野田版 研辰の討たれ」というのを見に行ったらこれがなかなかおもしろかった。舞台をそのまま見るわけではないけど、大きなスクリーンで見るので、役者さんの汗まで見えたり、それなりに臨場感がある。歌舞伎がこんなにコミカルなものだとは思っていなかったので新鮮な驚きだったし、大がかりな舞台装置もおもしろくて、そのうち本当の芝居も見に行きたいなぁと思った。

とはいえ、本物の舞台にはそう気軽には行けないので、またもシネマ歌舞伎で(^^;)。
舞台は幕末の横浜。当時の遊郭には、外国人を相手にする唐人口と日本人を相手にする日本人口というのがあり、尊王攘夷の風潮のなか、外国人を相手にする遊女はひどい扱いを受けることがあったらしい。外国人を相手にすることへのためらいもあり、なり手が少なかった。日本史で幕末のことを習っても、当時の暮らしを想像することはむずかしいけど、小説とかお芝居とかは、豊かなイメージを持たせてくれる。遊女とか芸者とか、必ずしも「その他大勢の人」の暮らしとはいえないかもしれないけど、そういう芝居を見ることで楽しめる世界というのがあったわけだ。つくりごとの世界、とわかっていて、楽しむこと。映画だってつくりもので、でも、だからこそ現実には味わえない世界を楽しめる、ということがあったのだろう。私はついリアル感を求めてしまうけど...。

10分の休憩を含めるとほぼ3時間という長編だが、休憩になったときは、「ええ、もう休憩?」という感じで、それくらいお芝居にのめりこんでしまっていた。映画以上に、役者さんのうまさが際立ち、「研辰の討たれ」の中村勘三郎さんも「ふるあめりかに...」の坂東玉三郎さんも、どちらもさすが、という感じ。シネマ歌舞伎は生の舞台じゃないから邪道だという意見もあるようだけど、手軽な歌舞伎入門にはいいと思う。お金持ちの高尚な趣味にとどめておくのはもったいない(^^)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

赤ちゃんの息(英語)

赤ちゃんの息( baby's breath ) とは何のことでしょうか?
ヒント:花の名前です...っていえば結構あたるかも(^^)?次女は正解しました。
答えは

続きを読む "赤ちゃんの息(英語)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「はりまや橋」

日本軍の捕虜として非業の死を遂げた父親を持つダニエルは、日本に対して嫌悪感を抱いている。ところが、彼の息子ミッキーは彼の反対を押し切って日本に行き、結局、日本で交通事故で死んでしまった。その後、ミッキーの描いた絵をアメリカに持ち帰るために、ダニエルは大嫌いな日本に行くことになるのだが...

日本のどういうところが、この人の心を開いていくのだろうか、という期待を持って見ていたのだけど、そういう期待はちょっとはずれてしまった。異文化交流に興味のある私としては全然退屈はしなかったし、高知の風景も楽しめたけど、話の展開は全体的に曖昧な感じだった。

(以下完全ネタバレ)

続きを読む "映画「はりまや橋」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

行き過ぎた平和主義?

保育士試験の勉強は順調...とはいかないものの(^^;)、まあぼちぼちとやっている。

昨日今日は「教育原理」をやっていて、「エミール」で有名なルソーの私生活はすごいものだったんだ、と知った。学生時代「エミール」を読み、「同一の人間は一度しか教育に従事できない。教育に成功するためには二度やらねばならないというのなら、最初の教育はどのような権利で企てようとするのか」という言葉にぐさっときたのを覚えている。そうだ、その子のそのときは一度きりなんだ、失敗は許されないんだなぁって。そのほかにもルソーの考え方には共感するところが多かったが、本人は自分の5人の子どもをすべて孤児院に預けてしまったそうだ(ウィキペディアより)。知らなかった。なんだか裏切られたような気分(--;)。著書「告白」にそのあたりのことが書かれているそうで、時間ができたら読んでみたい。でも、「告白」に書かれているのは大部分が嘘だ、という説もあり、何が何やら...(^^;)

で、今日は平成13年に提示されたという「21世紀教育新生プラン」のことをちょっと勉強。保育士試験の勉強のためのテキストとして推奨されているのが、全国社会福祉協議会の発行している「保育士養成講座」で、それの第9巻「教育原理」でこのことを調べてみると、現代の教育の問題点としてあげられていたことのなかに

第2に、行き過ぎた平和主義による教育の画一化や過度の知識の詰め込みにより、子どもの個性・能力に応じた教育がややもすれば軽視されてきました。
という記述があった。

え??行き過ぎた平和主義?平和主義が行き過ぎるっていうことがあるんだろうか?で、それがどうして教育の画一化を生むのか??

わけがわからなくて、ネットで調べてみて、これが誤植であったことを発見。
「行き過ぎた平和主義」ではなくて、行き過ぎた...さて、何主義でしょう?
後ろの文とのつながりを考えれば結構正解できるかも(^^)?
答えは

続きを読む "行き過ぎた平和主義?"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

本「ルポ 貧困大国アメリカ」by 堤未果

読みやすい文章で興味深い内容なのでぐんぐん読めるけど、そのうち、「本当なのかなぁ」という気になってくる。アメリカが病んでいる、ということを、これでもかこれでもか、と紹介されるので、本当にそこまでひどいのか、と信じられなくなってくるのだ。基地の人たちを見ている限りでは、そこまでひどい状態だという実感はない。でも、この本に書かれていることが嘘だというわけではないのだろう。

「イラクや北朝鮮で非情な独裁者が国民を飢えさせていると大統領は言いますが、あなたの国の国民を飢えさせているのは一体誰なの?と聞きたいです」(p.30)

学校給食に参入してくる企業。医療や教育の場面に持ち込まれる市場原理が何をもたらしたか。2005年、ハリケーン・カトリーナがアメリカ南部を襲ったとき、テレビの映像を見ていて「これがアメリカ?」と思ったけど、そのあと地域は再建されるのではなく、これをきっかけに、と削除されてしまった。「やっとニューオーリンズの貧困者向け住宅が片付いてくれたよ。我々ができなかったことを神が代わりにやってくださったのさ」(p.50)

そして貧しい人や、移民であるために十分な権利を持たない人達が頼るところが軍だ。入隊すれば医療費が無料、軍が大学の学費を出してくれるなどの様々な特権がある。2002年に成立した「落ちこぼれ防止法」(No Child Left Behind Act)は教育改革を標榜しているが、本当のねらいは個人情報の収集にあったのだという(p.101)。全米のすべての高校は生徒の個人情報を軍のリクルーターに提出しなければならず、拒否すると助成金をカットされる。貧しい地域の高校は生徒の個人情報を提出せざるを得ず、軍のリクルーターたちの恰好のターゲットとなる。「生徒の個人情報の提出をせよ」という法律がある、というのは驚きだ...うちの保育園だって、個人情報の扱いには気をつけている。アメリカ人の感覚からすれば、おかしな法律だと思って当然だと思うのだけど...

しかし、軍での待遇も、リクルーターたちが言うようなバラ色のものとは限らない...さらに問題なのは、軍の仕事内容が民営化されていっていること。民間の会社に就職してイラクに派遣された人たちが、過酷な労働条件やストレスの多い環境から心や体に変調をきたしても何の補償もされないし、流れ弾にあたって死亡したとしても戦死者として数えられることはない...

「もはや徴兵制など必要ないのです。政府は格差を拡大する政策を次々に打ち出すだけでいいのです。経済的に追いつめられた国民は、黙っていてもイデオロギーのためではなく生活苦から戦争に行ってくれますから。」(p.177)

「実はすべてを変えたのはテロそのものではなく、「テロとの戦い」というキーワードのもとに一気に推し進められた「新自由主義政策」の方だった。」と、著者はあとがきで書いている。ここに真実がある気がする。
自由が尊い価値であることは否定しない。「自由の国に生まれた者には、自由が何物にも勝る贈り物であることはわからないだろう」と、映画「君の涙、ドナウに流れ」で言われていたけど、それが飢える自由でしかないのだとしたら、やはり何かが間違っているのだと思う。

4004311128ルポ 貧困大国アメリカ (岩波新書)
堤 未果
岩波書店 2008-01

by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「劔岳 点の記」

予告編を見て、「あれ?富山の映画?」と思ったらそうだった。そう思ったのは劔岳登頂のための案内人「宇治長次郎」役の香川照之のセリフ「誰も行かんかったら道はできんちゃ」というセリフ。この言い回しが富山弁っぽかったので。夫が富山、しかも立山の出身だというのに「劔岳」というタイトルを聞いてもすぐにそれが富山のことだと気づかなかったのがなんとも...(^^;)だけど。

明治時代、日本地図を完成させるために、最後の空白地点であった剱岳への登頂と測量を命じられた人の話。地図を作るのって大変なことだったんだ。脚本は若干押しつけがましい(?)感じのするところもあるけど、なんといっても映像が素晴らしい。四季の移り変わり、一日の時間の移り変わり。その時々の美しさを見せる山。息をのむような風景がスクリーンいっぱいに広がり、そこに小さな人間が映って...。監督がカメラマン出身だというのには納得。

香川照之は結構富山の人の雰囲気が出ていると私には思えたけど、息子とか、そのほかの人たちの富山弁はいまいちだなぁと思って見ていた。紅葉の季節の立山にはいつか行ってみたい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

デビー・ダウナー(英語)

年1回、管理職が「従業員に感謝するディナー」というのを催す。先週の金曜がその日で、参加者ひとりひとりに、感謝状とともにちょっとしたギフト(というか、お菓子の詰め合わせ)が手渡された。以前、「先生のサバイバルキット」という記事で書いたことがあるけれど、なんでもないものにちょっと意味付けをして楽しむ、といった趣向だ。

今年のは
Appreciationgift

ペパーミントパティ:あなたの貢献(コミットミント...本当はコミットメント)に感謝して
クランチバー:あぶないとき(クランチ)に助けとなってくれるから
スターバースト:だってあなたは輝くスターだから
ラフィタフィー:あなたと一緒に働くのがとってもおもしろくて笑っちゃう(ラフ)から

私の隣に座っていたのがLだけど、彼女はそれをもらうなり、向かいに座っていたMに渡して、「私のぶんも持って行って。いらないから。」と言った。Mはガールフレンドを連れてきていて、保育園の職員ではない彼女は、そういうギフトをもらっていなかったので、Lが気をきかしてMにあげたのかな、と思って見ていた。すると、Mの一言。

「君ってやつはまったくデビー・ダウナーだな。」(You are such a Debbie Downer.)

私はデビーダウナーという言葉を聞いたことがなかったので、状況がのみこめず、意味を尋ねた。それは

続きを読む "デビー・ダウナー(英語)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »