« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

本「あなたの話はなぜ「通じない」のか」by 山田ズーニー

うーん、さすが、という感じ。著者は長年、高校生の小論文指導に関わってこられたそうで、確かに、文章に説得力があって、なるほど、と思うことが多かった。

そもそも私がこの本を読んでみようと思ったのは、「正論はなぜ人を動かさないのか」という問いに興味を惹かれたからだ。正論を並べ立てても人は動かない。それは常々感じていることだ。大人に対しても子どもに対しても。ルールを守らない人に「ルールを守るべき」と力説して事態が改善するかというと、そう簡単にはいかないことが多いだろう。まして2歳児となれば、もう理屈ではなかなか動いてくれない(たまに動いてくれることもあって、そういうときは感激する(^^))。わかっちゃいるけど、やりたくない。あるいは、あなたの話なんか聞きたくもないーそういう相手とどうやってコミュニケーションをとっていけばいいのか。

著者はまず、「何を言うか」より「誰が言うか」のほうが意味を持つことがある、と言う。「ついに宇宙とコンタクト」という記事が、日本経済新聞に出た場合と東京スポーツに出た場合で、人が受ける印象は違うのではないか。同じことを言っていても、その記事を信用できると思うかどうかの度合いは違う。山田さんはそれが「メディア力」だと言う。メディア力が高ければ、人に話を聞いてもらえる。メディア力が低ければ、はなから相手にしてもらえない。大手出版社に勤めていた山田さんが独立してフリーランスになったとき、大手にいたときなら簡単に通じた話が通じなくなってしまったことに愕然とされたそうだ。では、自分のメディア力を高めるにはどうすればいいのか。

そして、「正論はなぜ人を動かさないのか」という問い。山田さんはそれにこう答えておられる。

正論を言うとき、自分の目線は、必ず相手より高くなっているからだ。(p.126)

正論には反論できない。正論は人を支配し、傷つける。とりわけ、自分が対等だと思っている相手、あるいは目下だと思っている相手から正論を言われると、プライドが傷つき、感情を害してしまう。理性より感情のほうがコミュニケーション速度が速く、人は正論を言う相手を「自分を傷つける人間だ」と感じて警戒し、スムーズなコミュニケーションが成立しなくなってしまう。

そこで、山田さんは、「共感を入口にしたコミュニケーション」ということを提案されている。共感とは、相手に媚びることではない。相手との接点をさぐっていく。相手の言っていることに賛成できなくても、問題意識ー「問い」が共有できる、ということはある。まず、相手の話をよく聞き、相手が何を問題にしているのかを理解し、「自分はあなたの問いを理解していますよ」ということを言葉にして返していく。相手からの信頼を得ることが自分のメディア力を高めることになるわけだが、どうすれば相手の信頼を得られるのか。アルピニストの野口健さんが大学の一芸入試で、どうやって試験官を納得させたのか、という話も興味深かった。

「上司に自分の意見を言う」にしても、言葉は関係性のなかで相手に届くものだから、まずは日ごろからのコミュニケーションをはかって関係を築いていこう、というのもなるほど、と思った。上司はいつも忙しい。つまらないことで上司の時間を割きたくない、と、ふだんはほとんど話すこともない。ところが、何か問題がおきて、どうしても上司と話す必要がでてきて話すことになるとする。すると、上司からみれば、「じゃりんこが自分のところに来るのは問題のあるときばかりだ」という印象になり、そんな人間の話を聞きたいかと言うと...

私が「言葉」に興味があるのも、結局、コミュニケーションに興味があるからなんだろうな。コミュニケーションという視点で、保育のことを見ていくのもおもしろいかもしれない。

4480422803あなたの話はなぜ「通じない」のか (ちくま文庫)
筑摩書房 2006-12

by G-Tools

| | コメント (9) | トラックバック (0)

メール便

ベトナム旅行のお土産を今頃になって(^^;)身内に少し送ろうと思い、でも、たいしたものではないので、送料の安いメール便を使うことにした。メール便はネットショッピングの受け取りに選択したことは何度かあるが、どういうものなのかはよく知らなかった。で、しばらく前、何かを送ろうと思ったときに調べてみて、ものによっては定型外郵便よりもずいぶん安く送れることを知って利用。今回が2度目だ。

メール便を送ったのが火曜日。妹などからは木曜日に「届いたよ」というメールが来ていた。母には、月曜に電話して「送るから」と言っていたのだが、昨日の金曜になって「まだ来てへんで」という電話がかかってきた。大阪の妹のところに木曜に届いているなら、京都の母のところにも同じくらいに着いてもよさそうなものだ。今回、4か所に送ったのだが、ネットで調べてみると、ほかの3か所は投函完了になっているのに、母のところに送ったものは木曜の時点でなんと長崎に行っていて、調査中、となっている!

今朝になっても同じ画面が表示されるので、近所の宅急便営業所に電話した。すると、「仕分けを間違ったらしく長崎に配送されているようです」ということで、くわしいことがわかり次第電話をくれるということになった。で、その後、長崎ではすでに間違いに気づいて京都に発送されていること、そして京都の営業所から今日投函予定だ、と、2回、電話で連絡があり、夕方、母から、無事に届いた旨、電話があった。

今回のメール便の料金は160円。もっと小さいものだと80円で送れる。そんな料金のものでも、ネットで追跡調査ができるようになっているのだ。メール便の受付をする人、仕分けをする人、ドライバーだってひとりではないだろう。さらにこんなふうに誤配があると、その対応に追われたり...。一件80円で利益は出ているんだろうか。もちろん安いのはありがたいし、歓迎するけど、働いている人は仕事に見合った報酬が得られているのかなぁとちょっと心配になってしまう。

昨日、ネットで調べてみると、「メール便の事故は結構多い」という話が出ていた。「郵便のほうが確かだ」という意見もあったが、私は郵便の誤配も何度か経験しているので、なんともいえない。今回、ミスはあったものの、結果的には無事に届いたし、丁寧に対応してもらったし、これからも機会があったらメール便を利用すると思う。

配達って簡単なことのようだけど、もし届かなかったら大きなダメージがあることも多い。一枚のハガキだってすごく思いをこめて書かれたものかもしれないし、今回のベトナムみやげにしても、安いものとはいえ、そう簡単には同じものが手には入らない。荷物を運ぶことで、ほかのものも届けてもらっている。配達にかかわっておられる方、これからもよろしくお願いしますm(. .)m。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

マスクの効用

どこの高校でもそうなのかどうかは知らないけど、今年の高校文化祭が例年と違っているのは、新インフルエンザ対策として、マスク着用が求められていること。次女の高校文化祭に出かけるのに、家を出てからそのことを思い出した私は、仕方なく、コンビニでマスクを買った。実際に行ってみると、そんなお達しを知らない他校の生徒なども来ていたから、マスク着用率は100パーセントではなかったけれど、先生方はマスク着用、保護者の多くや、生徒の数割も着用している感じだった。校舎に入る前には、消毒薬で手を消毒。彼女の学校では、少し前に、演劇コンクールというのがあったのだが、そのときも「全員マスク着用のこと」というお達しが出ていて、舞台に立って観客席を見ると、全員がマスクをしている姿、というのはなんともシュールなものがあったらしい(^^;)。

次女は演劇部に所属している。今年は3年生なので、文化祭では、キャストではなく裏方として手伝っていた。毎年、演劇部の公演は見ているが、がんばっているのは認めるものの、やはり素人が笑いを取るのはむずかしいよなぁ、と思ったりしていた。ところが、今年の脚本はよくできていた。役者もなかなかで、1時間の劇の間、私は何度も笑い、最後には不覚にも涙してしまった。マスクは涙を隠すのにちょっと役立った(^^;)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本「日本人の知らない日本語」by 蛇蔵&海野凪子

「じゃりんこさんだったら、きっと楽しめると思う」と友人がこの本を勧めてくれたのはもう結構前のことなんだけど、ようやく読んでみた。で、彼女の予想どおり、とても楽しめた(^^)。

任侠映画ファンの外国人の使う日本語や、外国で使われている日本語教科書や問題集にびっくりしたり、本当に、日本語の歴史などについて私の知らないこともたくさんあったり、各国の慣習などの違いからくるズレが可笑しかったり(お見舞いのエピソードなど)。 何度も大笑いしてしまった。 続編が出たらまた読みたい。

日本語教師になるには相当勉強する必要がありそうだ。でも、おもしろそう(^^)。

4840126739日本人の知らない日本語
メディアファクトリー 2009-02-18

by G-Tools

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ネバー!

イギリス出身のカナダ人木版画家 David Bull さん(東京在住)は、A Story a Week というサイトで、週1回、エッセーをアップされている。で、昨日のエッセーでちょっとおもしろいゲームを紹介されていた。

「私は~したことがない」というゲーム。

数人で輪になってすわり、ひとりずつ順番に、「私は~したことがない」と話していく。ポイントは、自分はやったことがない(あるいはそういう場面にでくわしたことがない)けど、他の人はあるだろう、というようなことを話すこと。最初の持ち点は一人10点。点棒でもカードでも、なんでもいいからひとり10本(10枚)配る。で、たとえば、「私は今まで自分の携帯というものを持ったことがありません」なんて話したとする。すると、その場にいる人で、今までに自分の携帯を持ったことのある人は、点棒をひとつ捨てなくてはならない。逆に、その場にいる人が全員、今まで携帯を持ったことがなかったとしたら、その話者の人が自分の点棒を捨てなくてはならない。こうやって、最後まで点棒を他の人よりたくさん持っていた人が勝ち、というゲーム。

話すことは事実でなくてはならない。話すにしても、反応するにしても、嘘をついてはいけない、というのがルール。

デービッドさんがあげておられたのは

1:映画「風とともに去りぬ」を見たことがない。
2:自分の車を持ったことがない。
3:結婚式をやったことがない。(子どもはふたりいるけどね!)
4:たばこを吸ってみたことがない。一度も!
5:ラスベガスに行ったことがない。
6:ジェットコースターに乗ったことがない。
7:入院したことがない。
8:酔っぱらったことがない。
9:富士山に登ったことがない。
10:納豆を食べたことがない。

「なんでもやってみよう」精神にあふれている私(^^;)は、これ、ぜーんぶやったことがある(結婚"式"は微妙だけど、まあ披露宴はやった)ので、デービッドさんと勝負したらあっというまに負けそうだ。といっても、ふたりでの勝負なら、デービッドさんはやったことがあって、私がやったことのないこともいっぱいある(「ロンドンに住んだことがない」とか)から、やっぱり何人かでやるほうがおもしろそうだな。で、たぶん、同年代の仲間でやるのが楽しいと思う。

というわけで、私も考えてみたけど、なかなか思いつかない。とりあえず、

1:一人暮らしをしたことがない。
2:夫以外の人とつきあったことがない。(初めてつきあった人と結婚した、というと、驚かれることが多いので。)
3:子どもをたたいたことがない。(保母としては当然だけど、うちの保育園の親や保母さんと話していると、自分の子どもに体罰を加えている人は結構いるんだなぁ、と感じることがあるので。)
4:国会議事堂に行ったことがない。

こんなとこかな(^^;)。
どんなグループで話をするかが重要で、たとえば、私の参加している個人旅行同好会で、「タイに行ったことがない」といえば、ほとんどの人は点棒を捨てることになるだろうし、娘たちの世代にまじって、「DSで遊んだことがない」と言えば、かなり有効なポイントになるだろう。気のおけない仲間うちで、「会社のずる休みをしたことがない」とか「浮気をしたこがない」なんていう話になれば、盛り上がりそうだ(^^;)。

ちなみに、このA Story a Week というサイトは、音声でも聞けるし、words というところをクリックすると、あまりなじみのない単語がハイライトされ、そこにマウスをあわせると日本語の意味が表示される。というわけで、ある程度英語の基礎力があれば、辞書なしで読める。内容も、デービッドさんの視点がユニークなので、なかなか楽しく英語の勉強ができると思います(^^)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

牛乳とミルクの違い?

今回のベトナム旅行は、航空券とホテルがセットになったツアーで、ホテルは朝食付きだった。朝食は、食べ物メニューから一品、飲み物メニューから一品を選ぶ、というスタイル。メニューには日本語が添えてあって、「あついコーヒー」「あついコーヒーとミルク」「あついミルク」「アイスミルク」「ぎゅうにゅう」なんていう選択肢があった。

で、長女が「アイスミルクとぎゅうにゅうってどう違うの?」と訊く。うーん。私はベトナム語はさっぱりだし、ホテルの食堂でサーブしている人も、英語は片言だ。メニューのなかに「ラーハンーワとあついこうちゃ」というのがあって、「ラーハンーワって何ですか?」と英語で尋ねてみたけど、向こうは答えに困っていた。

というわけで、質問してもたぶんわからないかな、と、とりあえず、長女は「あついコーヒーとミルク」というのを頼んだ。ベトナムコーヒーだから、ミルクっていうのはコンデンスミルクなのかもしれないね、なんて話しながら。

で、コーヒーとは別にミルクが運ばれてきたが、ベトナムコーヒーにつきものの、金属製のフィルタはない。でも、ミルクを入れて飲んだ長女が「甘い」というので、私は「やっぱりコンデンスミルクなんじゃないの」と言ったのだけど、彼女は、コンデンスミルクならもっとどろっとしているはずだ、と言う。

結局、そのミルクがどういうものなのかはよくわからないまま、その日は、メコンデルタ一日ツアーというのに参加。で、思いがけず、ミルクと牛乳の違いが判明することになった(^^)。

続きを読む "牛乳とミルクの違い?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iPhone 不調の理由

しばらく前に書いたように、私のiPhone は、買って2週間ほどで、バッテリの充電ができなくなり、ソフトバンクショップに持っていくと、新品と交換になった。今回のベトナム旅行にはその新品の iPhone を持っていき、現地に到着した翌朝、写真を撮って、「ここはどこでしょう」なんていう投稿をブログにしたりしたのだが、その日の夕食時、レストランで、まったく電源が入らなくなった。ホテルに戻って充電器をつないでも、画面に何も表示されない。最初のiPhone は、充電画面にはなって、ただ、赤い線が左側に一本あるのみで、いくら待っても充電は始まらなかった。それに比べても重傷という感じだ。

私は iPhone をレザーケースに入れ、それをズボンのポケットに入れて持ち歩いていたのだが、iPhone はかなり熱くなっていた。とりあえず、iPhone をケースから出し、部屋のテーブルの上に置いておいた。部屋は冷房がきいていて、テーブルの上も冷たくなっていた。

翌朝、だめもとで、iPhone を充電器につないでみると、充電画面が表示された!前回の iPhone で見た、赤い線が一本の画面だが、そのまましばらく置いておくと、電池の絵に緑の部分が出て、充電が始まったことが確認された。朝食に出かけている間に充電されるかな、と思っていたら、部屋のキーを抜くとその部分の電源も切れる、というシステムになっていたため、充電はされていなかったが、とにかく、半分くらい充電された状態で、その日のツアーに出かけ、iPhone は極力使わないようにして、結局、その翌日、無事、日本に帰りついた。

最初の iPhone は、明らかにバッテリが変だった。昨日充電したばかりで、翌日、特に何をするというわけでもないのに、バッテリが半分くらいになっていたり、そうかと思うと、回復していたり。2台目の iPhone には、そういう症状は出ていなかった。もっとも交換してから日が浅かったから、今後、そういう症状が出ないとは限らない。2台続けて不良品にあたった可能性もなくはないが、でも、もしかして、私の使い方に問題があるのだろうか、と考えた。そこで思い当たったのが、そのレザーケースだ。

それまで折りたたみ式の携帯を使っていた私は、液晶画面むき出しの iPhone をそのままカバンに入れることには抵抗があり、買ってすぐ、ケースを探した。で、見つけたのがこのケース。しっかりしているけど、スリムで、シンプルなデザインがとても気に入った。電源ボタンやコネクタ部分などはカットされているので、ケースをはずすことなく、つけたままで様々な操作ができる。というわけで、ケースを買ってからは、ケースから本体をはずすことはほとんどなかった。旅先で iPhone がこわれた日は、電話、メール、カメラ、メモ、電子コンパス、ネットなどを少しずつ使ったくらいで、iPhone 使用者としてはそんなに使いたおしてる、というほどではないと思う。でも、こわれた iPhone がかなり熱くなっていたことから考えると、このレザーケースのせいで、iPhone の温度があがっている、ということはありそうだ。iPhone はほとんどパソコンという感じなので、熱を逃がしてやる方法を考えるべきなのに。ベトナムは暑い国(日本に比べてそれほど暑いとは感じなかったけど)だし、なおさらだ。

というわけで、ちょっとまとまった時間、操作をするときは、iPhone 本体をケースから出して使うことにした。こうすれば、少しは過熱を防ぐことができるだろう。そうすることで、突然の電源ダウンっていうようなことがもう起こらなければいいんだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バイク天国

ホーチミンの印象は、なんといってもバイク天国。一昨日の「ここはどこでしょう?」でアップした写真は土曜朝の7時なので、まだまだバイクが少ないけれど、日中のバイクの多さは半端じゃない。それでも、土曜日曜は少ないのだそうで、平日は朝から渋滞するとか。
Bikehochimin_2

今回の旅行は、金曜夜出発、現地滞在は土日の2日間のみで、月曜朝には成田着、という短期間だった。それで、土曜も日曜も、現地で日本語ツアーを申し込んで利用。日曜に参加したツアーのベトナム人日本語ガイドさんがおもしろい人で、いろんな話を聞かせてもらった。

ガイドさんの話では、ベトナム人は、車よりもバイクのほうが好きだ。バイクのほうが風を感じられて、気持ちがいい。それに、友達の家に立ち寄ったり、どこかに立ち寄るにも、バイクのほうが小回りがきいていい。ガイドさん自身、毎日、片道50Kmの道のりをバイクで通勤されているのだという。

見ていると、二人乗りはあたりまえ、三人、四人、というのもめずらしくない。子ども、おかあさん、子ども、おとうさん、という感じで四人乗りをやっている。大人はふたりまでだけど、小さな子どもを乗せるのはいいらしい。最近、ヘルメット着用が義務付けられたそうで、子どももかわいいヘルメットをかぶっていたりする。もっとも、お年寄りと子どもは、ヘルメット着用義務はないそうだけど。

飲酒運転はもちろん違反。ヘルメット着用にしても、飲酒運転にしても、違反は法律で厳しく罰せられることになっているが、「法律は厳しい。でも、おまわりさんは優しい」(^^;)のだそうで、あまり厳格に適用されていないらしい。夜はおまわりさんはお休み。信号機も日曜はお休み(!?)。ベトナムは電気代が高いとかで、実際、ついていない信号機というのも何度も見かけた。赤信号のときだけついて、青はつかないとか。かなり大きな交差点でも信号機のないところもあり、道を渡るのはなかなかむずかしかったりする。でも、ゆっくり渡れば大丈夫(^^;)!?。ドライバーと歩行者で、協力しながら道を使う、という感じだった。

雨期だったけれど、ほとんど雨には降られなかった。でも、日曜の夜に雨が降ってきて、バイクの人たちは合羽を着用。後ろの席の人は前の人の合羽のうしろ身頃の部分をかぶったり、二人乗り用の合羽というのも見かけた。合羽の前身頃は前の荷物にすっぽりかぶさったり、雨でも快適にバイクに乗る工夫がいろいろ。

今、ホーチミン周辺は開発が進んでいて、大きな道路がどんどん作られている。日本やアメリカなどの外国資本が次々に入ってきていて、空港もとてもきれいだし、デパートの品揃えは日本の百貨店みたいだったりする。スーパーマーケットでは、日本語で書かれた日本製のお菓子が売られていたりもした。それでも、雨の多いこの国で、車ではなく、バイクが闊走(?)するこの光景は変わらないんだろうな、たぶん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クチトンネル

クチトンネル
kananiさん、ぴよさん、tabeさん、コメントありがとう〓。
私のiPoneがこわれて交換になったのですが、昨日、そのiPhoneがまたこわれて、、、でもなんと今朝、復活していました!ただ、バッテリが心配で、あまり使えませんでした。
で、ベトナムのホーチミンに来ています。昨日はホーチミン郊外にあるクチトンネルへ観光に行きました。
ベトナム戦争当時、ゲリラの作った細くて長い地下トンネル、アメリカ軍の落とした爆弾でできた大きな穴、その爆弾を利用して作られた武器、落とし穴、など、いろいろ見られておもしろかったです。
写真はトンネルの入り口です。大きなアメリカ兵は入ることができません。葉っぱで覆うとそこにトンネルがあることが
わからなくなります。
----

これから日本に帰ります。
続きは帰ってから書きます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

もう一枚

もう一枚
今度は部屋のベランダから

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ここはどこでしょう?

ここはどこでしょう?
現地時刻、朝の7時。バイクが多いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »