« ビデオ「ワン・デイ・イン・ヨーロッパ」 | トップページ | ビデオ「ザ・ムーン」In the Shadow of the Moon »

映画「正義のゆくえ」Crossing Over

ハリソン・フォードが出てるから近くの映画館でやるだろうと思っていたら、単館上映。ハリソンが初めて出演したメジャースタジオ以外の作品ということだそうだ。でも、ハリソンが出ているとやはりメジャーな作品に見えてしまう。ジム・スタージェスとかレイ・リオッタなども出てるし。

ハリソン演じるマックスはICE(移民関税執行局)の捜査官。アメリカはもともと移民で成り立ってきた国だけど、9・11以降は不法移民への取り締まりが厳しくなったらしい。低賃金労働に甘んじるメキシコからの不法移民、女優をめざしてオーストラリアから観光ビザで入国し、違法な手段でグリーンカードを得ようとする女性、市民権をとることのできる18歳まであと少しという韓国人の高校生...など、様々な立場の人々が描かれ、アメリカ社会の複雑さを感じさせる。今年見た「扉をたたく人」でも「グラン・トリノ」でも、「アメリカ人」と移民の人たちとのかかわりが描かれていた。それだけアメリカ社会で移民問題がクローズアップされてきている、ということなんだろう。

この映画で描かれているエピソードにどのくらい現実感があるのか私にはわからない。メキシコ移民についてはありそうな話だ。ムスリムの高校生の発言が問題視されてあんなことになるというのはちょっと信じられないが、ありえることなんだろうか。ジム・スタージェス演じるヘブライ語を話せないユダヤ人のエピソードが私は一番好きだったけど、あれはちょっと現実にはないだろうな。移民の人の置かれている状況を知る助けになる映画だけど、問題が大きすぎて、だから何ができる、ということを考えるのはむずかしい。アフリカ人の女の子と関わっていた女性弁護士や、ユダヤ人ラビの対応がヒントを与えてくれてはいるかな。

|

« ビデオ「ワン・デイ・イン・ヨーロッパ」 | トップページ | ビデオ「ザ・ムーン」In the Shadow of the Moon »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17663/46470026

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「正義のゆくえ」Crossing Over:

« ビデオ「ワン・デイ・イン・ヨーロッパ」 | トップページ | ビデオ「ザ・ムーン」In the Shadow of the Moon »