« 映画「千年の祈り」A Thousand Years of Good Prayers | トップページ | 映画「Disney's クリスマス・キャロル」 »

さかさまの福

映画「千年の祈り」のなかで、「福」という字がさかさまに書かれた扇型の飾りを父親が娘の家のドアにかけるシーンがあった。福がさかさま...っていうことは幸福じゃない、という意味?母親が亡くなった、という話が出ていたから喪中を意味するのか...と思ったけど、そうじゃなかった。

「 福了 」(福の字がさかさまになった)と、「 福了 」(福がやってきた)は、どちらも発音がフー・タオ・ラで同じなので、福の字をさかさまにすることで、福がやってきた、あるいはやってきてほしい、という気持ちを表したものなんだそう。(参考にしたサイトはここなど)

福をさかさまにすると縁起が悪そうな気がするけど、中国では逆なんだな。

それにしても、アメリカ人には、あのシーンが何を意味するのかまったくわからないだろう...と思ったけど、日本人の場合、「福」の意味を知ってるから混乱するのであって、福の意味を知らないアメリカ人にすれば、見た目なんとなくめでたそうな飾りだから、かえって素直に通じるのかもしれない。

|

« 映画「千年の祈り」A Thousand Years of Good Prayers | トップページ | 映画「Disney's クリスマス・キャロル」 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

天橋立も股のぞきで、さかさまに見ると絶景だっていう
もんねeye さかさまって、新鮮でいいのかもしれ
ないね!

投稿: chappy | 2009.11.28 22:44

さすがchappy、発想が新鮮happy02
確かにさかさまにすると見え方が変わるもんね。
中国の人もそういうこともねらったのかな。
シャレを楽しむっていうのはどこにもあるのね(^^)。

天橋立の股のぞきは誰が言い出したんだろうねぇ...

投稿: じゃりんこ | 2009.11.29 00:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17663/46842083

この記事へのトラックバック一覧です: さかさまの福:

« 映画「千年の祈り」A Thousand Years of Good Prayers | トップページ | 映画「Disney's クリスマス・キャロル」 »