« 続・旅好きにiPhone をすすめたくなる理由 | トップページ | ビデオ「彼女の名はサビーヌ」 Elle s'apelle Sabine »

ガザ攻撃から1年

ガザ攻撃から1年
昨年、イスラエルが突然ガザに攻撃を仕掛けたのが12月27日。今日は、「今もイスラエルによって封鎖の続いているガザの人達と連帯しよう」というイベントが開かれた。
まずは、今年の夏に現地に行って来られたジャーナリストの古居みずえさんの報告を映像とともに聞く。さらに、現在、現地に滞在中の「パレスチナ子どものキャンペーン」スタッフの人から、電話で現地の様子を聞き、その後、雨宮処凛さんと古居みずえさんが対談。
イスラエルが資材の搬入を許可していないため、今も進まない復興、ガスがない、薪がない、水は5日に一回程度の供給、停電はしょっちゅう。「男は稼いでナンボ」という価値観のあるパレスチナ社会で、仕事のない男達は、自尊心を失い....。
この人達がこんな暮らしを強いられるのは何故なのか。世界はどうしてこんなことを許しているのだろうか。
夕刻には、会場であった築地本願寺の境内にてキャンドルサービス。キリスト教、イスラム教、仏教、それぞれの代表者がメッセージを読みあげた後、参加者全員で黙祷。日本各地、明日には世界各地でも同様の催しが行われるだろう。その様子が報道されて、ガザの人達に届きますように。

|

« 続・旅好きにiPhone をすすめたくなる理由 | トップページ | ビデオ「彼女の名はサビーヌ」 Elle s'apelle Sabine »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17663/47122838

この記事へのトラックバック一覧です: ガザ攻撃から1年:

« 続・旅好きにiPhone をすすめたくなる理由 | トップページ | ビデオ「彼女の名はサビーヌ」 Elle s'apelle Sabine »