« ビデオ「勇者たちの戦場」HOME OF THE BRAVE | トップページ | 映画「キャピタリズム」 »

ツイッターとフリッカー

写真の保存サイト Flickr(というより、本当は「写真を通じたSNS」というべきなのかもしれないけど、私は今のところ基本的に写真を公開していないので、保存サイトと感じている)。パソコン上の写真をハードディスクのクラッシュで失うという経験(--;)をしてから、ネットでの写真保存のメリットを感じるようになった。それまでも、友人と写真を共有するためやブログでの写真公開のために、無料の写真保管サービスのようなものを何度か利用したことはあった。しかし、急にサービスが中止になる、という経験も何度かした(--;)。Flickr を使い始めたのは、保育園の子どもの写真を親と共有するのが目的だったのだが、2年間につき約48ドルを支払えば、容量無制限に写真をアップロードすることができ、フォルダごとに整理したり、写真の公開や非公開の設定もでき、使い勝手がいいので、今は写真の保管はここでする、と決めている。

でもって、最近、話題の Twitter、iPhone ユーザーでは使っている人が多いので、気になって、昨年末から私も少しずつつぶやき始めた。使いこなしているとはいえないけど、日記がわりにつぶやくのはいいかな、と思っている。ブログも結構日記がわりになっていて便利(「パソコンこわれたのいつだっけ」と調べたり(^^;))だけど、ツイッターはひとつのつぶやきが140文字なので、もっと気軽に投稿できる。

で、そんなフリッカーとツイッターを日付ごとに整理してくれる MomentoというiPhone アプリがある。
4316391764_b271fac6d4_o 左にある月のカレンダーで、青点で表示されているのがツイッターやフリッカーなどソーシャルサービスの利用がある、ということを、赤点はそれ以外に自分で写真やコメントを入れたということを示している。下の日ごとの書き込みでは、tはツイッター、二つ並びの点はフリッカー、旗のようなマークがプライベートなコメントがいくつあるかを表している。このほか、私は利用していないけど、facebook やLast.fmとも連携している。それぞれのアカウントを登録すれば、そこに投稿した内容を自動的に読み込んでくれるので、労せずして日記がつけられる、という仕組み。4315657129_939c2a979e_oflickrについては、ずいぶん前にアップロードした写真は読み込んでくれないが、わりと最近アップロードした2003年のイタリア旅行の写真はしっかり読み込まれたのでびっくり。私の場合、しょっちゅう保育園の子どもたちの写真を撮っているので、「ああ、この日、こんな活動をしたんだったな」とか、「あ、この日がこの子がうちのクラスに入ってきた日だな」とかがわかって楽しい。欲を言えば、これらのテキストがみんな検索できると便利なんだけどな。検索は、タグをつけたものだけに対応しているので、自分でタグをつけなければならない。

また、昨日、百式で、twitterFountainというサービスが紹介されていた。ツイッターとフリッカー、それぞれ気になるキーワードを入れれば、それに対応したつぶやきや画像が見られる、というもの。試しに、ツイッターは「iPad」、フリッカーは「Uyuni」をキーワードとして入れた場合は下のようになる(最初の画像が表示されるまでに少し時間がかかる)。ウユニはぜひ行ってみたいところで、きっと素晴らしい写真があるだろう、というので選んだが、つぶやきはあまり多くなさそうなので、今をときめく iPad ^^にした。ただ、見てわかるように、日本語のつぶやきはヘン。漢字には対応していないようだ。また、日本語のキーワードを入れることもできない。でも、写真の宝庫flickr と、速報性に富んだ Twitter の良さを生かしたサービスだなぁと思う(^^)。この写真は誰が投稿したのか、とか、つぶやきをクリックすれば、そのつぶやきのページに飛べる、とかだともっと嬉しいんだけど、むずかしいのかな...。画像の右下をクリックすれば自分で設定ができるので、それぞれ好きなキーワードを入れればなかなか楽しめると思います。

|

« ビデオ「勇者たちの戦場」HOME OF THE BRAVE | トップページ | 映画「キャピタリズム」 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17663/47436183

この記事へのトラックバック一覧です: ツイッターとフリッカー:

« ビデオ「勇者たちの戦場」HOME OF THE BRAVE | トップページ | 映画「キャピタリズム」 »