« 雑司ヶ谷 手創り市 | トップページ | イヤフォン SBT03 »

ビデオ「A」

オウム真理教が地下鉄サリン事件を起こしたのが1995年3月。麻原彰晃代表らが逮捕された後、上祐史浩氏が教団の広報担当として活動していたが、その彼も逮捕されて登場したのが荒木浩氏。森達也さんは、テレビで彼を見て、撮りたいと思ったのだそうだ。

オウム真理教を扱ったドキュメンタリーということで興味を惹かれて見たのだけど、ただのんべんだらりと彼らの生活の様子を撮ってるだけじゃん、と思いながら見ていた。素材は興味深いけど、映画作品としては特に...と。でも、こうやってだらだらとカメラを回し続けると思いがけないことに遭遇したりするわけだ。警察が公務執行妨害をねつ造する瞬間。え?という感じだった。警察がそういうことをする、とは聞いていたけど、本当にあるんだなぁ、と。

オウム信者の人たちのインタビューを聞いていると、まじめな人たちなんだなぁ、と感じる。私がオウムのことを知っているのは、マスコミ報道を通じてだけだから、麻原氏にはものすごく悪いイメージを持っているし、信者の人が麻原氏を尊敬している口ぶりなのが信じられない思いがする。

そして思った。この映画、だらだらと撮っているだけのようだけど、信者の人たちがこんなことを話せるってすごいことじゃないかな、と。みんなが「オウムは悪の権化」みたいに思っているときに、オウムを被写体として映画を撮ろうとしたこと。オウムのサティアンの様子を撮りたい、というマスコミは山ほどあったようだけど、「極悪オウム」という色眼鏡をかけていないマスコミはなかったのではないか。映画の最初に、オウムに対する取材申込みに荒木氏が対応している様子が出てくるが、そもそもどうして森さんはこんな密着取材が可能だったのだろうか。

DVDには森さんの撮影時の日誌からの抜粋がついていた。それによれば、森さんは、荒木さんを撮りたいと思ってから、何度も手紙で依頼をされていたそうだ。それに対し、荒木さんは、森さんと初対面の日に、「森さんは信頼できる人かもしれないという印象を持っている」と話したという。

生活の場でカメラがまわっている、というのはいやなものだろう。まして修行の場である。カメラが回っていることに対し、信者から文句が出たこともあるという。しかし、結局、森さんは受け入れられていく。森さんは「オウムの宣伝をする気はない」と告げている。しかし、「オウムを絶対悪として描く」という立場にたっているわけでもない。中立の立場で、というスタンスだった。ただ、この映画を撮りながら、「公正中立ではものは作れない」ということも思い知っていくことになる...

この映画を見て、オウムに対する見方が変わったかというと...結構変わった。オウムの人と話をするなんてできそうにない(話が通じそうにない)気がしていたけど、そんなことないなぁ、と。麻原代表ら上層部の人と、一般信者?とは違うのかもしれない。

毎日様々なニュースを耳にして、世の中のことを知っているような気になるけど、報道されていることが何らかの色眼鏡を通していることも少なくないのだろう。

|

« 雑司ヶ谷 手創り市 | トップページ | イヤフォン SBT03 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

「A」は、私を救ってくれた作品です。好きというより大切にしている映画ですし、森さんのことはとても尊敬しています。
が、、、、映画としてどうかと問われると、ダラダラと何を伝えたいのか分からないなあと。笑
私は取材日記を読んでから見たので、どう言うシーンなのか理解できましたけど、映画だけで理解したじゃりんこさんスゴイです。あはは
よろしければ「A2」のDVDをお貸ししますよ。旅行土産もお渡しせねば。

投稿: | 2010.04.23 00:09

tabe さん(だよね^^)、

救ってくれた作品...なんだ。そのあたりの話はまた聞かせてください(^^)。

私も、映画としては、カメラもインタビューも音楽の使い方も、うーんと思うことあるけど、やっぱり、信者の人からあんな話を引き出せるっていうのは、そういう関係が作れていたのかなぁ、と。

取材日記は読んでないけど、DVDに抜粋がついてたから、それはみんな読みました。映画を見てからだけど。なかなかおもしろいよね。tabe さんの場合は、私が感じられないような部分も感じてるところ、あるんだろうな。

A2もおもしろかった?実はこれ、図書館で借りたの。A2も図書館にあったので、また借りてきます^^。

投稿: じゃりんこ | 2010.04.23 00:45

あれ?名前が抜けてる????
iPhoneからコメントしたので、気づかなかったのかな。すません。tabeです、はい。

「A」があるなんて、、、なんて素敵な図書館なんでしょう。わが町の図書館には「鉄道でめぐる東北」だとか「初夏の富士五湖」「はじめての茶道」なんてのが並んでるだけです。むむーーー

投稿: tabe | 2010.04.23 11:38

tabe さん、

うん、いい図書館でしょ^^。
今までもVHSの貸し出しはしてくれていて、そのなかにもいろいろおもしろいものがあったんだけど、先日行ったときに「DVDの貸し出し始めました』って書いてあって(今までは館内利用に限られていた)、へぇ、と思って見に行ったら「A]を見つけたんで、いそいそと借りてきました。
ハウツーものや旅行ビデオも結構楽しかったりするけどね^^。

投稿: じゃりんこ | 2010.04.23 20:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17663/48155496

この記事へのトラックバック一覧です: ビデオ「A」:

« 雑司ヶ谷 手創り市 | トップページ | イヤフォン SBT03 »