« ビデオ「マチュカ 僕らと革命」Machuca | トップページ | 雑司ヶ谷 手創り市 »

フルート

基地の保育園に勤めて10年以上になるが、今まで子どもたちの作品展といっても、図書館などの公共スペースにいくつか展示する、という形だったのが、今年初めて、アートギャラリーという催しが行われた。大きなホールに、保育園や小学校から高校までの子どもたちの作品、地元のアーティストの作品などが展示され、「アフターファイブのドレスでどうぞ」と、夜6時からの2時間、親や一般の人たちが招かれた。

うちの保育園の3-5歳児クラスが作った大きなロケットや宇宙の壁画、中高生たちのプロはだしの作品など、作品にはいろいろおもしろいものがあったけど、たぶん、著作権のこととか問題になりそうなので、ここで紹介できないのが残念。作品を集めるときに、裏に子どもの名前、年齢、クラス、○○保育園と書いたメモをつけておいてね、と言われていたので、そのようにしたのに、ほとんどの作品に全然名前とかつけられていなくて、それも残念だった。見に来た親たちにとって、どれが自分の子どもの作品かわからないのは興味半減だと思う。大きな子どもなら言えるけど、2歳児にはわからないもの。

で、この催しでフルートを吹いてほしい、としばらく前に園長先生に頼まれた。学生時代、ブラバンでフルートを吹いていた私は、たまに保育室でフルートを吹いているけど、「きらきら星」とか"Dora the Explorer"など、子どもたちの好きなアニメの歌を吹くくらいで、とても人前で演奏できるようなレベルではない。そう言って断ろうとしたのだが、園長先生は「だったら練習しなさい」と言われ、断れなくなってしまった。

練習を始めようとして、キィが壊れていることに気づき、フルートを修理に出して、練習を始めたのが4月に入ってから。曲はなんでも好きなものを、と言われていたので、子どもたちものれるようなアップテンポの曲がいいかな、と「星条旗よ永遠なれ」なんかを練習していたりした。しばらく吹いていないと、息のコントロールがきちんとできないので、ゆっくりした曲だとものすごくアラがめだつ。アップテンポの曲のほうがごまかしがきく、というのも理由(^^;)。

ところが、演奏は「舞台に立ってみんなの前で」というのではなくて、みんなが作品を見ている横で勝手に吹き始める、というスタイル(^^;)。静かな会場で「星条旗」はないだろう、と、まずは「さくら」。でも、なんの説明もなくよく知らない曲が流れ始めてみんな??状態(^^;)。そこで "A Whole New World"を吹いたら、人が集まってきて拍手をもらった。半分はお情けだけど(^^;)。次に "We Are the World"を吹いて、そのあと、ピアノと歌のパフォーマンスをする人にバトンタッチ。ピアノや歌はすごくうまく、ピアノは会場のBGMとして気持ちよく長い時間流れていた。ギターのパフォーマンスをする人もいて、最後にまた私のフルート。「アニーローリー」「星に願いを」「トップオブザワールド」を吹いて、大園長先生から花束をいただいた。どういうスタイルでどのくらいの時間吹かなければいけないのか、というのを、もっとちゃんと確認しておくんだった(^^;)。

昨日、自分の演奏をiPhoneで録音して聞いてみたときは本当にがっかり。ピアノは、調律さえちゃんとされていれば、キィをたたけばとにかくその音がでるけど、管楽器や弦楽器の下手なのは聞くのがつらい。私の演奏も、とても人に音楽として楽しんでもらえるようなレベルではない。それでも、正直な話、ここ数日練習しているうちに楽しくなってきたのも事実。ギターの演奏をする人と一緒に何かやろうか、という話も出て、やっぱり合奏は楽しいよなぁ、と思い出す。結局、一緒に練習する時間がとれず(昼休みの時間が一致しなくて)、合奏はお流れになったけど、また誰かと合奏をしてみたくなった。

大学に入学したときにブラバンから来た勧誘ハガキに書かれていた言葉を今も覚えている。
音楽は世界共通の言葉
同じ音楽を聞いて、世界の人々がみんな同じような感情を引き起こされるかどうかはわからないけど、悲しい感じ、楽しい感じ、などはかなり共通のものがあるのでは。
この世に音楽があるっていいよなぁ(^^)。

|

« ビデオ「マチュカ 僕らと革命」Machuca | トップページ | 雑司ヶ谷 手創り市 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

じゃりんこさん、ブラバンでフルートを吹いていたのね。私も高校時代ブラバンでホルンを吹いていました。楽器ってみんなで合わせると音が広がって、立体感が増し、魅力も増しますよね。

今は私はウクレレを弾いているけれど、ほかの楽器にもちょっと浮気してみたい気持ちがいっぱいです。サックスとか前にmixiの日記に書いたザフーンとかもっとちゃんとやりたいのですが、なかなかできません。

フルートもとっても魅力的な楽器で憧れます。ちょっとでも楽器をやる人が集まってミニミニセッションとかできたら楽しいでしょうね(^^)

投稿: Kanani | 2010.04.18 18:09

Kanani さん、ホルン吹いてたんだ、かっこいいなぁ(^^)。
ホルンの音ってきれいだよね。
フルートは吹く人が多いので、地元のブラバンなどでも人が足りているのですが、ホルンなら歓迎されるだろうね^^。
それにウクレレにザフーン。。。いろいろできていいな^^。

でも、そう、機会がないとなかなか練習しないものだものね。ミニセッションとかできたら本当に楽しそう。フルートとウクレレならアロハオエとか(^^)?今は8月の保育士試験があるので無理だけど、そのうち本当に声をかけるかも^^。

投稿: じゃりんこ | 2010.04.18 20:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17663/48112292

この記事へのトラックバック一覧です: フルート:

» 前田綾子の教室いらずの自宅で簡単フルートレッスン [情報商材ガイド]
どうしてこうもフルートが上手くならないの? 学生時代に憧れたフルートだけど、やっぱりとても難しい・・・ そんな悩みを抱えていませんか? フルートは敷居が高いイメージはありますが、それほど難しい楽器ではありません。 せっかく今になって始めたフルートです。 ぜひ、あおの神秘的な音色をあなた自身で演奏してください。 そのための具体的な方法は、すべて公開します。 あなたは、ただこのフルートが上達するコツを知っていただき ちょっと試していただくだけで構いません。 ... [続きを読む]

受信: 2010.04.21 19:31

« ビデオ「マチュカ 僕らと革命」Machuca | トップページ | 雑司ヶ谷 手創り市 »