« ビデオ「A2」 | トップページ | Tシャツ「手をつなぐ子どもたち」 »

本「中央モノローグ線」by 小坂俊史

中央線の中野から武蔵境までの8つの駅に住む8人の女性ーイラストレーター、古着屋店主、OL、大学生、中学生などーのつぶやきで構成された4コマ漫画集。私がこの中で実際に少しでも歩いたことがあるのは中野と吉祥寺くらいで、他の町は全然知らない。それでもなんか妙にリアルな感じがする。もちろん、いかにも漫画的で、現実にはありえないようなエピソードも含まれているけれど、知らない町なのに、なんかそういうのありそうだなぁ、と思えたり、それをつぶやいている人の気持ちに共感できたり。

すごく笑える展開も劇的な展開もなく、日々の暮らしが季節の流れとともに淡々と綴られるだけなのに、舞台がローカルな漫画というのはどこか心くすぐられるものがある。新宿や渋谷ばかりが東京じゃない。田舎ではないけど、大都会とも違う。そして、どの町にもそれぞれ個性があるらしい。高円寺や阿佐ヶ谷をちょっと歩いてみたくなった。

4812471710中央モノローグ線 (バンブー・コミックス)
竹書房 2009-10-17

by G-Tools

|

« ビデオ「A2」 | トップページ | Tシャツ「手をつなぐ子どもたち」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

そんな本がありましたか。 日本にいるときは、高円寺と阿佐ヶ谷を週に何回も歩いていますが…。 娘は知ってるかなあ…。

投稿: axbxcx | 2010.05.31 02:25

axbxcx さん、

現地からの写真更新を楽しませてもらっています(^^)。

この本、実際、その町を知っている人が読んだらどんな感想を持たれるのか興味があります。

この漫画家さん、うちの娘達も知らなかったので、もしかしたら娘さんもご存じないかもしれませんね。
なんでしたらお送りしますのでおっしゃって下さい(^^)。

投稿: じゃりんこ | 2010.05.31 07:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17663/48501746

この記事へのトラックバック一覧です: 本「中央モノローグ線」by 小坂俊史:

« ビデオ「A2」 | トップページ | Tシャツ「手をつなぐ子どもたち」 »