« ビデオ「阿賀に生きる」 | トップページ | ネットスーパー »

映画「ビルマVJ 消された革命」

VJというのはビデオジャーナリスト。2007年、ビルマで大規模な反政府デモが起きた時、その様子を撮影して国外のメディアに送っていたビルマ人VJ達がいた。
ビルマでビデオ撮影するというのは、日本で動画撮影するのとわけが違う。軍事政権は市民がそのような活動をすることを禁じているため、撮影は命がけだ。当局に見つからないように、カメラを隠し、あるいは自分が隠れて撮影を行う。この映画は、当時そのようにして撮られた映像に、再現映像を織り交ぜて構成されたドキュメンタリーだ。

すごいのは、なんといっても軍政反対を叫んでデモ行進をする人たちの数の多さだ。ヤンゴンの町の大通りを埋め尽くす勢い。僧侶が中心となり、一般の人々が加わる。デモに加わらない人も、沿道から、屋上から、笑顔で拍手して声援を送る。スーチーさんの解放を!生活の向上を!軍政に反対している人たちがこんなにいるんだ...見ていて胸が熱くなった。

ところが軍はそんな人たちを蹴散らしてしまう...僧侶に暴力をふるって僧衣をはぎとって拘束、カメラを持っている人は逮捕、そんななか、日本人ジャーナリストの長井さんは実弾に倒れる...

こんなに多くの人が軍政からの解放を望んでいるのに、どうしてそれを圧殺することが可能なのか不思議な気がするのだけれど、武器を持つ者の力は圧倒的ということか。しかし、1988年のデモのときには3000人の死者を出したが、今回はそこまでの虐殺は行われなかった。それは、こうして軍のしていることを国外に発信するVJの存在があったからだ。軍事政権と言えども、国際社会の目を意識しないわけにはいかない。

私たちが仕事をするのは、自分の好きなことをしたいからとか生活のためとかだったりするけど、ビルマのVJの人たちが「仕事」をしているのは、ビルマに自由を、という使命感からだ。私たちにできるのは、必死の思いで配信された映像を見ること、映像を見たよ、というレスポンスをなんらかの形で返すこと、軍事政権がこれ以上ひどいことをしないように監視を続けることくらいだろうか...

|

« ビデオ「阿賀に生きる」 | トップページ | ネットスーパー »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17663/48378708

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ビルマVJ 消された革命」:

« ビデオ「阿賀に生きる」 | トップページ | ネットスーパー »