« 映画「闇の列車、光の旅」Sin Nombre | トップページ | ひやしあめ »

ドーリー(英語)

知らなかった易しい英単語シリーズ。

突発事態が発生して、予定されていた会議をすぐに始めることができず、園長先生がその浮いた時間をちょっとでも有効に活用しようとして、そこにいた人たちに頼みごと。

「ミスじゃりんこ。ちょっとそこにあるドーリーをとってきてちょうだい。ここの箱を片付けてしまいたいのよ。」

私は「ドーリー」(dolly)と聞こえた単語が何を意味するかわからず、園長先生のオフィスを見るも、ドーリーがどれかわからず、「dollyですか?」と訊き返す。「そうそう、dolly よ」と言われ、もう一度オフィスを見ると、いくつか箱が積み上げてあるけれど、うーん...

単語の語尾に-yあるいは -ieをつけて幼児語になったり、かわいい感じを表すことがある。
piggy(ブタちゃん), doggy(ワンちゃん), birdie(鳥さん)という感じ。
名前も、TomTommy になったり、JessicaJessie になったり、という具合。
で、dolly というと「お人形ちゃん」である。でも、箱の中身にお人形が入っているものはなさそうだ。

とまどっていると、園長先生が、私がdollyの意味を理解していないことに気づいたらしく、「ミスS、ミスじゃりんこにどれがドーリーが教えてあげてちょうだい」と言ってくれた。それでわかったのが、ドーリーというのはものを運ぶときに使う台車だということ。(こんな感じのもの

台車といえば、cart という言葉は知っていたけど、dolly というのは知らなかった(^^;)。まあ、「お人形ちゃん」というのと同じスペルになるので私が間違うのも無理はない(^^;)。

結局、このドーリーを使って重い紙を別の部屋に運んだ。扱うのにちょっとコツがいる。この後の会議で、園長先生が私がこの言葉を知らなかったことをネタにして、「誰でもわかってる、と思うようなことでも、英語が第二言語の人たちには当然ではないことだってあるんだから、ちゃんと話が通じているか確認しないといけないわね」なんて言っておられた(^^;)。ま、ひとつ、単語を覚えたのでよしとする^^。

|

« 映画「闇の列車、光の旅」Sin Nombre | トップページ | ひやしあめ »

英語」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。 昨晩帰国しました。 機内映画ではHBOの"Temple Grandin"(Oliver Sacksが"An Anthropologist on Mars"で取り上げた人。著書に"Thinking in Pictures"など)が一番印象に残りました。 早速DVDを予約しました。

さて、Dolly、そういう意味だったんですね。 シトロエン・ファンとしては、2CV Dollyの姿が頭に浮かびます。(笑)

投稿: axbxcx | 2010.06.29 07:41

axbxcx さん、

おかえりなさい(^^)。なんとなくですが、今回は楽しいことが多かったのでは、と推察します(^^)。

Temple Grandin、おもしろそうですね。でも、今のところ、日本で公開の予定とかDVD販売とかはなさそうなんですね。

2CV Dolly も知りませんでした(^^;)。
これはこの「ものを運ぶもの」という意味のドーリーから来ているネーミングなんでしょうかねぇ...?

投稿: じゃりんこ | 2010.06.29 17:49

いつものことですが、日本人の中で自分が異端と言うか、少数派であることは、常に痛感させられます。 けれども現場では楽しいことばかりでして…。

昨日は「ボローニャの夕暮れ」を観て来ました。 時差ぼけを忘れさせる、目が離せない映画でした。 邦題はまったくのミスマッチですが…。

投稿: axbxcx | 2010.06.30 06:25

ボローニャの夕暮れ、おもしろそうですね。
観たい映画はいくつかあるんですが、8月の保育士試験の勉強が進んでいない状況ではがまん、かな、と...でも、がまんしたからって勉強が進むかというと...という状況だったりします(^^;)...

投稿: じゃりんこ | 2010.06.30 20:30

撮影で、カメラを台車に乗せて移動撮影することをドリー撮影って言ったり、
その台車そのものをドリーって言ったりするんですが、、、、
正しい発音はドーリーなんですねえええ。へええです。

投稿: tabe | 2010.07.01 11:05

tabe さん、

そっか、そんな言い方があるのね。私もそれを知っていたら、ドーリーという言葉を聞いたときにすぐにわかったかも^^。
うん、発音はドーリーです。dolly を日本語読みというかローマ字読みすると、ドリーになったのかな。

投稿: じゃりんこ | 2010.07.02 22:22

じゃりんこさん、tabeさん、

「ドーリー」で検索したらいろいろ出てきたのでビックリしました。 業界によっては普通に使われている単語みたいですね。

投稿: axbxcx | 2010.07.03 14:34

axbxcx さん、

ほんとだ、日本語にもなってるんですねぇ。
まあ、でも、axbxcx さんもご存じなかったのなら
しかたなかったと思うことにします(笑)。

投稿: じゃりんこ | 2010.07.03 17:22

じゃりんこさん、はじめまして。

「英語 保育」と検索して
じゃりんこさんまでたどりつきました。
私も今、1~2才児の外人の子供の保育の
仕事を始めたばかりで、じゃりんこさんのブログを
読んですごく参考になっています(*^-^)

英語は今必死に勉強中です(@Д@;
台車、dollyというんですね。。
私はてっきり「ダリ」とか「ダディ」って
聞こえてました。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。
耳が資本なのに。ガーーン!

また機会があったらコメントしますheart01
よろしくお願いします。

ではではpaper

投稿: nao | 2010.07.04 12:42

nao さん、はじめまして。

そうですか、よく使われる言葉なんですねぇ(^^;)。
one wheel cart とかは知っていたんですが、dolly という言い方を聞いたのは初めてで...なんか、そういう名詞がストンとぬけてたりするわけなんですよね、外国語として英語を勉強してきた者には。

どういう形で保育をされているのかわかりませんが、おたがい子どもの成長に関われる仕事を楽しみましょうね^^。

投稿: じゃりんこ | 2010.07.04 20:50

はじめまして。みんカラで立川基地や横田基地の事を書いているBird Dogといいます。
整備関連の仕事をしていたので、ドーリーという言葉はごく普通に使っていました。イメージ的には宅配便業者さんが使うようなのは台車で、整備器材はドーリーという感覚です。

お時間のあるときにでもウチのブログを見て下さい。立川基地関連→http://minkara.carview.co.jp/userid/554091/blog/c498889/
横田基地関連
http://minkara.carview.co.jp/userid/554091/blog/c594175/
ツイッターはoldtachikawaで登録しています。又遊びに来ます。

投稿: Bird Dog | 2010.09.08 09:33

Bird Dog さん、はじめまして^^。

整備機材のことをドーリーと言うのじゃなくて、整備機材を運ぶものをドーリーと言うということですかね。
日本人でも知ってる人は知ってる言葉なんですね^^。

投稿: じゃりんこ | 2010.09.08 20:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17663/48745899

この記事へのトラックバック一覧です: ドーリー(英語):

« 映画「闇の列車、光の旅」Sin Nombre | トップページ | ひやしあめ »