« パレスチナと関わる | トップページ | ディーヴァ(英語) »

ヴァンジ彫刻庭園美術館

行ったのはもう1カ月も前のことで、とてもおもしろかったのだけど、ブログに書く時期を逃してしまっていた。でも、この間の日曜日、図書館で、美術手帖 2010年 08月号 [雑誌]を目にして、やっぱりちょっとだけでも書いておこう、という気になった。「アートの旅」と題されたその号の表紙にはヴァンジ彫刻庭園美術館で見たユニークな彫刻がひとつ写っていたのだ。

ヴァンジ彫刻庭園美術館は静岡県のクレマチスの丘というところにある。実はこの彫刻美術館を目的に行ったわけではなく、たまたま聞きたかったコンサートがここで行われていて、夕方の開催時刻まで自由に見学してもいいですよ、ということだったのでほんとに「ついで」の見学だった。ヴァンジというイタリア人彫刻家の名前も知らなかったし、特に何も期待していなかったのに、予想外のおもしろさにすっかり魅せられてしまった。

Vangi庭園美術館というだけあって、屋外に様々な彫刻が置かれている。最初は、なんかわけわからないオブジェだなぁ、なんて思っていたのだけど、人の彫刻は表情が豊かだったり、素材のなかから飛び出してきそうなリアル感があったり。屋外だけでなく、屋内にもたくさんの作品があり、素材も、大理石、ブロンズ、石、石膏、合金、など様々。で、いかにも石の中に隠れていたのを掘り出しましたよ、みたいに思える作品があったり。彫刻って、立体だから、ぐるっと全体が見られるのもおもしろい。絵にはない楽しみだ。

Vangi2芸術作品を見るときって、つい、大家の名前にまどわされるところがあるというか、あるいは有名な作品はそれだけですごいと思ってしまうところがあるけど、ここの作品は、そんな名前の力を借りなくても、見ていて本当に楽しかった。ヴァンジという人については、日本語のウィキペディアもなく、英語のウィキペディアでも簡単な説明があるだけで、外部リンクが張られているのは唯一、日本のヴァンジ彫刻庭園美術館のページだ。私には芸術の価値を判断する力量はないし、この人がどれほど注目されている人物なのかもわからないが、全体的に遊び心の感じられる作風が私好み^^。

庭園の彫刻の配置の仕方にもおもしろいものがあって、この階段を降りたら何かあるのかな...なんて思ったら...(^^)だったり。

というわけで、まさに棚からぼたもち、思いがけぬ儲けものの美術館だった^^。

|

« パレスチナと関わる | トップページ | ディーヴァ(英語) »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17663/49441319

この記事へのトラックバック一覧です: ヴァンジ彫刻庭園美術館:

« パレスチナと関わる | トップページ | ディーヴァ(英語) »