« ヴァンジ彫刻庭園美術館 | トップページ | ビデオ「Temple Grandin」 »

ディーヴァ(英語)

うちの2歳児クラスから次の3-5歳児クラスに行った子どもたちが元気にやっているかどうかを時々そこのクラスの担任に尋ねたりする。で、今日は、プリスクールルームの担任のDが、つい先日彼女のクラスに移ったLのことを話してくれた。

D:今日、Lが私の膝にのってきたので、Lに、「あなたってディーヴァだと思うわ」って言ったのよ。そしたら、Lは「違うわ、私はディーヴァじゃないわ」っていうの。

それを聞いていた同僚のSが大受け。私はディーヴァという言葉を知らなかったので解説してもらうと、「バッグはグッチでなくちゃいや」だとか、とにかく自分の要求を押し通す人、というふうな説明。綴りを訊くと、diva。意味を調べてみると、大女性歌手、とかプリマドンナとあるが、彼女達の言うような説明はない。

じゃりんこ:diva って男性にも使うの?
D&S:うーん、男性にはあんまり使わないよね
D:私は、男性に対してだったら、arrogant だと言うわ。

そっか、diva と言われたら、arrogant ということなんだな。
でも、もともとはプリマドンナとか大歌手とかいういい意味だから、「あなたはディーヴァだ」というのは「まったくお嬢様ねぇ」という感じだろうか。ウィキペディアによれば、やはり基本的にはいい意味で、ただ、否定的な意味で使われることもしばしばあるらしい。
Lは、確かに言い出したら聞かないところがある(^^;)。

じゃ:こういう言葉ってなんか女性に対してが多いよね。drama queen は言うけど、drama king ってないじゃない。
D:まったくその通りよ。

ドラマ・クイーンは、まさしく「悲劇の女王」という感じで、子どもに対してもよく使われる。男の子だって、悲劇の主人公のように泣くことはあるのだが、それを表す言葉というのは特にない。

ディーヴァはドラマクイーンとはまた違うけれど、よく使われる言葉のようだ。ちなみに私はとてもプリマドンナになれるような器じゃないからディーヴァじゃないと思うけど、arrogantなところもあるかなぁ(^^;)...

|

« ヴァンジ彫刻庭園美術館 | トップページ | ビデオ「Temple Grandin」 »

英語」カテゴリの記事

コメント

話が逸れてしまいますが、"Diva"、大好きな映画でDVD持ってます。 主人公がオタクなところ、工場のロフト、古~いシトロエン(トラクション・アヴァン)の改造車、黒人の歌姫(フィラデルフィア出身のオペラ歌手)…。

フランス映画なので、発音はジーヴァに聞こえますが…。

Wikipediaのディーヴァには否定的な意味も出ていますし、男性にも使われるとありますね。 いや、勉強になります。

投稿: axbxcx | 2010.09.24 22:39

divaを検索していたら、映画のDIVAもヒットしていたんですが、私はまったく知らない映画でした。この場合は、もともとの「大歌手」というような意味なんですね。

アメリカではdivaはやはり女性を指すようですけど、イタリア語だとdivoという言い方があるんですね。これはあまり否定的に使われることはないのでしょうかね、たぶん。
少なくとも、うちの保育園内でdivaという言葉が使われたとしたら、否定的なニュアンスがこめられていることが多い感じがします。

しばらく前に bang-up という言葉も知ったんですが、これもいい意味だったり悪い意味だったり。同じ言葉がまったく反対の状況で使われるのは外国語学習者泣かせです(^^;)。

投稿: じゃりんこ | 2010.09.25 00:44

ジャン・ジャック・べネックスはかなり好みの映画を作る人で、「ベティー・ブルー」も強烈な映画でした。 「ディーバ」はフィラデルフィアで観て、帰国してまた歌舞伎町で観た記憶があります。 共通点の一つ、どちらもシトロエンが大事な役で出て来ます。

使う場面、文脈によって意味が正反対になるのは人間よりもむしろ自動翻訳泣かせかも知れません。 皮肉は人間の本性なんでしょうね。 必ず裏がある…。

Divaで、私は昔よく使われていたprincessを思い出しました。 当時JAPと言えばJewish American Princessのことでした。

投稿: axbxcx | 2010.09.25 13:16

axbxcx さん、

「ベティ・ブルー」は全然知りませんでしたが、ちょっと芸術的すぎて私に理解不能なのでは、という匂いがします(^^;)。

>文脈によって意味が正反対になるのは人間よりもむしろ自動翻訳泣かせ

ああ、それはありそうですね。
機械的に判断するのはむずかしそうですよね。

JAPというのも知りませんでしたが、ほんとにdivaと似たような感じで使われているようですね。

投稿: じゃりんこ | 2010.09.25 23:51

10年くらい前のことですが、ハワイの女性大物歌手4人(全員熟女coldsweats01、実力派)がユニットを組んでいて、その名前がDivaでした。
このじゃりんこさんのブログを読んでなるほど~と思いましたよ。もちろん文字通り『大女性歌手』という意味もあるに違いありませんが、ちょっとひねった楽しい意味のお気どりがあって、「私たちは実力もある大人の女性、他の人とは違うのよ!」みたいなところを愉快に主張したかったのだと思います。

若いハワイアンの歌手とは違って、イブニングドレスみたいなの着てハイヒールはいて、色気のある素敵な大人ユニットでしたが、残念ながら御一人が他界され、Divaも解散してしまいました。

投稿: Kanani | 2010.09.28 00:08

Kananiさん、横レスです。

映画「Diva」の影響かも知れませんが、Divaと聞くとまずは歌姫という日本語が頭に浮かびます。

投稿: axbxcx | 2010.09.28 02:01

Kanani さん、

ああ、なるほど、なんかすごく納得です^^。

DIVAって否定的なニュアンスがあるけれど、自分でそういうふうに名乗っちゃうっていうのはありですよね。もともと「大歌手」っていうことだけど、否定的なニュアンスがあるからこそ、自分のユニット名につけられるっていうか。

axbxcx さんのコメントを読んで、「歌姫」っていうユニット名もありだなぁ、と思いました^^。

ハワイでは熟女の方もしっかり活躍されているようですよね^^...なんて、人ごとみたいに書いてますが、私もそう呼ばれる年になりつつあるかも(^^;)...

投稿: じゃりんこ | 2010.09.28 02:13

axbxcxさん、じゃりんこさん、こんばんは!
なるほど、4人の歌姫だったのですね。実力ある熟女の歌姫達は素敵です。
じゃりんこさん、私たちも素敵な熟女を目指そうね!
(もうすぐそこかもぉ(^^;)

投稿: Kanani | 2010.10.02 21:40

Kanani さん、

熟女って何歳から?...っていう議論はおいといて(笑)

私も年齢はともかく(^^;)、まだまだ未熟者ですので、
成熟した魅力ある人になりたいものだと思います、はい(笑)。

投稿: じゃりんこ | 2010.10.03 00:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17663/49551402

この記事へのトラックバック一覧です: ディーヴァ(英語):

« ヴァンジ彫刻庭園美術館 | トップページ | ビデオ「Temple Grandin」 »