« 2011年2月 | トップページ | 2011年7月 »

本「アメリカ人の心がわかる言葉」

しばらく前、たまたま知ったガンジーの言葉 がいいなぁ、と思い、名言というのも読んでみるとなかなかおもしろいのでは、と思った。で、これもたまたま、図書館でこの本を見つけて借りてきた。

左ページに英語、右ページにはその訳。
印象に残った言葉をいくつか書き記しておきたい。

Age is a question of mind over matter.
If you don't mind, it doesn't matter.
(Satche
l Paige)

年齢というのは実態よりも気の持ち方の問題。
うん、そうかも。英語の表現がうまいなぁ。

After all, tomorrow is another day.
(Margaret M
itchell)

「風とともに去りぬ」のなかのセリフだそう。「また明日という日があるわ」というのはこんなふうに言うんだな。

Everybody wants to go to heaven, but nobody wants to die.
(Jo
e Louis)

確かに。

If we had no winter, the spring would not be so pleasant; if we did not sometimes taste of adversity, prosperity would not be so welcome.
(Anne Bra
dstreet)

逆境にあってもそんなふうに考えられれば助けになるかも。

Politics is not a bad profession. If you succeed, there are many rewards, if you disgrace yourself, you can always write a book.
(Ronald Reagan)

レーガンってユーモアのセンスのある人だったんだ^^。

The religion that is afraid of science dishonors God and commits suicide.
(Ralph Waldo
Emerson)

確かに、神様のしたことが完璧であるなら、科学と矛盾なんてしないはず…?

Doubt isn't the opposite of faith;
it is an element of faith.
(Paul Tillich)

そうだよな、疑いを検証しないなら盲信になってしまう。

We become not a melting pot but a beautiful mosaic.
Different people, different beliefs, different yearnings, different hopes, different dreams.
(Jimmy Carter)

これがこの本の最後に紹介されていた言葉。カーター元大統領ってこんなこと言ってたんだ。いいなぁ。

アマゾンでももう中古でしか買えないけれど、手軽に読めて、ちょっとした英語の勉強にもなる。自分の心に響く言葉が見つかれば儲けもの^^。

アメリカ人の心がわかる言葉―著名人から落書きまで
ジェームス・M. バーダマン
4806109800

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年7月 »