« マイベスト映画 2014(外国映画編) | トップページ | 映画「小さき声のカノン-選択する人々」 »

マイベスト映画 2014(日本映画編)

日本インターネット映画大賞(日本映画部門)に投票します。
昨年公開されていた日本映画で、映画館またはDVD等で見たのは21作品(文末に記載)と少ないのですが、好きな作品に応援の気持ちを伝える機会として。「持ち点合計は30点」「1作品に投票できる最大点数は10点まで」などのルールに従って投票します。

-----------------------------------------------------------------

【作品賞】(3本以上10本まで)
  「60万回のトライ」9点
  「滝を見にいく」9点
  「僕がジョンと呼ばれるまで」3点
  「東京難民」3点
  「ある精肉店のはなし」3点
  「WOOD JOB!(ウッジョブ)~神去なあなあ日常~」2点
  「小さいおうち」1点
【コメント】
大阪朝鮮高級学校ラグビー部が奮闘する姿を追ったドキュメンタリー「60万回のトライ」は、筋書きのないドラマに胸をうたれる。「滝を見にいく」は素人のおばちゃんを集めて作ったという映画で、個性豊かなおばちゃん達に元気と笑いをもらえる。「僕がジョンと呼ばれるまで」は認知症の人との接し方のヒントを与えてくれる。「東京難民」はありえないような話ながら、ありえるかも、と思ってしまうリアル感がすごい。「ある精肉店のはなし」は『いのちをいただく』という営みについて、『仕事』について、考えさせられる映画。
-----------------------------------------------------------------

【監督賞】     作品名
   [沖田修一] (「滝を見にいく」)
【コメント】
素人のおばちゃんで映画を作ったら…という発想もすごいけど、あんな楽しい作品にしてしまったのはやはり監督の力なのかな。
【主演男優賞】
   [中村蒼] (「東京難民」)
【コメント】
「東京難民」の主役-普通の大学生-としてはちょっとイケメンすぎるかも、だけど、イケメンだからこそ、ホストという経験があり、その後のどん底生活があり、というストーリーを描けたわけで、適役だったんだと思う。
【主演女優賞】
   [黒木華] (「小さいおうち」)
【コメント】
しっかり者で慎ましい女中という役をばっちり演じていた。
【助演男優賞】
   [光石研] (「WOOD JOB!(ウッジョブ)~神去なあなあ日常~」)
【コメント】
地味にしっかり仕事をするこういう人がいるからよいものは生まれるんだよなぁと思う
【助演女優賞】
   [長澤まさみ] (「WOOD JOB!(ウッジョブ)~神去なあなあ日常~」)
【コメント】
負けん気の強い美人は見ていて気持ちいい^^
【ニューフェイスブレイク賞】
   [上白石萌音] (「舞妓はレディ」)
「舞妓はレディ」は、私はあまり好きな作品ではなかったけど、主演の彼女は、朴訥とした感じが役にはまっていたし、のびやかな声もよかった。
【音楽賞】
  「該当なし」

-----------------------------------------------------------------

【私が選ぶ「もっと上映してほしい」で賞】
   [デイビッド&カマル]
【コメント】
エルサレムを舞台にパレスチナ人の少年とユダヤ人の少年の交流を描いた物語。監督、脚本、プロデューサーが日本人なので日本映画に入れたけど、製作国はアメリカとなっている。また製作年は2011年だけど、私が見たのが昨年で、おそらくそれまでも日本では上映されていないか、すごく限定的な公開だったと思う(私が見た時も限定的な公開だったが)ので昨年の映画ということで。ただし、限定的な公開のため、作品賞には入れなかった。入れるなら「滝を見にいく」の次に。
脚本はよくできていて、少年達の英語でのやりとりが楽しいし、エルサレムの街並みを見るのも面白い。もっと公開されていい作品だと思う。
-----------------------------------------------------------------
 この内容(以下の投票を含む)をWEBに転載することに同意する。
-----------------------------------------------------------------

21作品を見た順に。(括弧)でくくったのは、上映会など、一般の映画館以外で見たもの。

BUDDHA2 手塚虫のブッダ 終わりなき旅
抱きしめたいー真実の物語ー
家路
東京難民
僕がジョンと呼ばれるまで
60万回のトライ
春を背負って
(じんじん)
(隣る人)
(デイビッド&カマル)
石川文洋を旅する
永遠の0
革命の子どもたち
舞妓はレディ
思い出のマーニー
WOOD JOB!(ウッジョブ)!〜神去なあなあ日常〜
小さいおうち
無知の知
滝を見にいく
紙の月
ある精肉店のはなし

|

« マイベスト映画 2014(外国映画編) | トップページ | 映画「小さき声のカノン-選択する人々」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17663/61005144

この記事へのトラックバック一覧です: マイベスト映画 2014(日本映画編):

« マイベスト映画 2014(外国映画編) | トップページ | 映画「小さき声のカノン-選択する人々」 »