« 2014年9月 | トップページ | 2015年3月 »

マイベスト映画 2014(日本映画編)

日本インターネット映画大賞(日本映画部門)に投票します。
昨年公開されていた日本映画で、映画館またはDVD等で見たのは21作品(文末に記載)と少ないのですが、好きな作品に応援の気持ちを伝える機会として。「持ち点合計は30点」「1作品に投票できる最大点数は10点まで」などのルールに従って投票します。

-----------------------------------------------------------------

【作品賞】(3本以上10本まで)
  「60万回のトライ」9点
  「滝を見にいく」9点
  「僕がジョンと呼ばれるまで」3点
  「東京難民」3点
  「ある精肉店のはなし」3点
  「WOOD JOB!(ウッジョブ)~神去なあなあ日常~」2点
  「小さいおうち」1点
【コメント】
大阪朝鮮高級学校ラグビー部が奮闘する姿を追ったドキュメンタリー「60万回のトライ」は、筋書きのないドラマに胸をうたれる。「滝を見にいく」は素人のおばちゃんを集めて作ったという映画で、個性豊かなおばちゃん達に元気と笑いをもらえる。「僕がジョンと呼ばれるまで」は認知症の人との接し方のヒントを与えてくれる。「東京難民」はありえないような話ながら、ありえるかも、と思ってしまうリアル感がすごい。「ある精肉店のはなし」は『いのちをいただく』という営みについて、『仕事』について、考えさせられる映画。
-----------------------------------------------------------------

【監督賞】     作品名
   [沖田修一] (「滝を見にいく」)
【コメント】
素人のおばちゃんで映画を作ったら…という発想もすごいけど、あんな楽しい作品にしてしまったのはやはり監督の力なのかな。
【主演男優賞】
   [中村蒼] (「東京難民」)
【コメント】
「東京難民」の主役-普通の大学生-としてはちょっとイケメンすぎるかも、だけど、イケメンだからこそ、ホストという経験があり、その後のどん底生活があり、というストーリーを描けたわけで、適役だったんだと思う。
【主演女優賞】
   [黒木華] (「小さいおうち」)
【コメント】
しっかり者で慎ましい女中という役をばっちり演じていた。
【助演男優賞】
   [光石研] (「WOOD JOB!(ウッジョブ)~神去なあなあ日常~」)
【コメント】
地味にしっかり仕事をするこういう人がいるからよいものは生まれるんだよなぁと思う
【助演女優賞】
   [長澤まさみ] (「WOOD JOB!(ウッジョブ)~神去なあなあ日常~」)
【コメント】
負けん気の強い美人は見ていて気持ちいい^^
【ニューフェイスブレイク賞】
   [上白石萌音] (「舞妓はレディ」)
「舞妓はレディ」は、私はあまり好きな作品ではなかったけど、主演の彼女は、朴訥とした感じが役にはまっていたし、のびやかな声もよかった。
【音楽賞】
  「該当なし」

-----------------------------------------------------------------

【私が選ぶ「もっと上映してほしい」で賞】
   [デイビッド&カマル]
【コメント】
エルサレムを舞台にパレスチナ人の少年とユダヤ人の少年の交流を描いた物語。監督、脚本、プロデューサーが日本人なので日本映画に入れたけど、製作国はアメリカとなっている。また製作年は2011年だけど、私が見たのが昨年で、おそらくそれまでも日本では上映されていないか、すごく限定的な公開だったと思う(私が見た時も限定的な公開だったが)ので昨年の映画ということで。ただし、限定的な公開のため、作品賞には入れなかった。入れるなら「滝を見にいく」の次に。
脚本はよくできていて、少年達の英語でのやりとりが楽しいし、エルサレムの街並みを見るのも面白い。もっと公開されていい作品だと思う。
-----------------------------------------------------------------
 この内容(以下の投票を含む)をWEBに転載することに同意する。
-----------------------------------------------------------------

21作品を見た順に。(括弧)でくくったのは、上映会など、一般の映画館以外で見たもの。

BUDDHA2 手塚虫のブッダ 終わりなき旅
抱きしめたいー真実の物語ー
家路
東京難民
僕がジョンと呼ばれるまで
60万回のトライ
春を背負って
(じんじん)
(隣る人)
(デイビッド&カマル)
石川文洋を旅する
永遠の0
革命の子どもたち
舞妓はレディ
思い出のマーニー
WOOD JOB!(ウッジョブ)!〜神去なあなあ日常〜
小さいおうち
無知の知
滝を見にいく
紙の月
ある精肉店のはなし

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マイベスト映画 2014(外国映画編)

今年も日本インターネット映画大賞(外国映画部門)に投票します。
昨年公開されていた外国映画で、映画館またはDVD等で見たのは95作品(文末に記載)。
その中から「持ち点合計は30点」「1作品に投票できる最大点数は10点まで」などのルールに従って投票します。

【作品賞】(3本以上10本まで)
  「ショート・ターム」9点
  「チョコレートドーナツ」8点 
  「ソウォン/願い」5点
  「マダム・イン・ニューヨーク」4点
  「世界の果ての通学路」1点
  「光にふれる」1点
  「ダラス・バイヤーズ・クラブ」1点
  「レッド・ファミリー」1点
  
【コメント】
昨年は面白い映画が多かったが、私がベストを選ぶと、好みで、どうしてもヒューマンドラマ系のものが上位に来る。「ショート・ターム」は養護施設に暮らす思春期の子ども達とスタッフの関わりを描いたもの。「チョコレートドーナツ」は親に置き去りにされてしまったダウン症の少年をゲイカップルが育てようとする。「マダム・イン・ニューヨーク」は英語の苦手なインド人女性がアメリカ社会で苦闘する話。社会的な弱者の登場する話に弱いところがあるらしく、しっかりノックアウトされてしまった。ここにあげたその他の作品も、この点数では申し訳ないようなものばかりの良作。
ハリウッド作品では「ロボコップ」「マレフィセント」などが面白かった。
-----------------------------------------------------------------

【監督賞】              作品名
   [デスティン・クレットン] (「ショート・ターム」)
【コメント】
「ショート・ターム」は昨年最高の映画。素晴らしい脚本を書いたのも彼。
【主演男優賞】
   [アラン・カミング] (「チョコレートドーナツ」)
【コメント】
心優しく、しんの通ったゲイの歌手を好演。
【主演女優賞】
   [ブリー・ラーソン] (「ショート・ターム」)
【コメント】
施設のスタッフとして、こうありたいな、と思うような役柄だった。子どもに媚びず、でも大切に扱っている。
【助演男優賞】
   [ジョン・ギャラガー・Jr.] (「ショート・ターム」)
【コメント】
彼の明るいキャラが作品に温かみとユーモアを与えている。
【助演女優賞】
   [エレーヌ・ヴァンサン] (「母の身終い」)
【コメント】
息子を愛しながら、うまくつきあうことのできない母親。自然な演技の中に老いの悲しみがにじみでている。
【ニューフェイスブレイク賞】
   [ブリー・ラーソン] (「ショート・ターム」)
【コメント】
彼女は今年デビューしたわけではないようだけど、この作品でブレイクしたといえると思うので。今後も活躍してほしい。
【音楽賞】
  「ソウルガールズ」
【コメント】
世界にはばたこうとしたアボリジニの女の子達。そのために選んだのがベトナム戦争を戦う兵士達を慰問してまわるという仕事。彼女達の力強く美しいコーラスが耳に心地よいが、辛い時代だったことは伝わってくる。作品としても面白い。
-----------------------------------------------------------------

【私が選ぶ敢闘賞】
   [リベンジ・マッチ]
【コメント】
リアルタイムで「ロッキー2」と「レイジングブル」を見た私には、ツボにはまる企画だった。ロバート・デニーロは71歳、シルベスター・スタローンは68歳。その年齢であのハードな企画に挑戦した二人に拍手。特にデニーロは他の作品でも幅広い役柄を演じていてすごいなぁと思う。

【私が選ぶ未公開映画賞】
   [シージャック]
【コメント】
「キャプテン・フィリップス」と似たような状況を描いた話なのだけど、リアル感がすごくて、「キャプテン・フィリップス」が色あせてしまうほど。「偽りなき者」の脚本家トビアス・リンホルムが監督・脚本を手掛けているとあって、さすがという感じ。
「ライフ」(ヒラリースワンク)は、テレビ作品のせいか映画館での上映はなかったようだけど、ストーリーもビジュアル的にも映画館で上映しても十分楽しめる作品だったと思う。
-----------------------------------------------------------------
 この内容(以下の投票を含む)をWEBに転載することに同意する。
(同意しない方は「同意する」を「同意しない」に書き改めて下さい)
-----------------------------------------------------------------

昨年映画館で公開されていた映画(便宜上、2013年11月1日以降に公開されたものとしました。「マイベスト映画2013」にあげたものは含みません)を、だいたい見た順に。(括弧)でくくっているのは、映画祭などの限定的な上映だったり、映画館での上映がなかった作品。

旅人は夢を奏でる
鉄くず拾いの物語
7番房の奇跡
ウルフ・オブ・ウォールストリート
さよなら、アドルフ
ラッシュ/プライドと友情
ダラス・バイヤーズ・クラブ
大統領の執事の涙
スノーピアサー
ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅
メイジーの瞳
怒れ!憤れ!-ステファン・エセルの遺言-
光にふれる
あなたを抱きしめる日まで
アナと雪の女王
LEGO(R) ムービー
ロボコップ
LIFE!
悪の法則
ダブリンの時計職人
(背の高い男は幸せ?)
アクト・オブ・キリング
ザ・コール[緊急通報指令室]
ローン・サバイバー
世界の果ての通学路
8月の家族たち
42~世界を変えた男
ブルージャスミン
ワレサ 連帯の男
MUD-マッド-
(シージャック)
それでも夜は明ける
インサイド・ルーウィン・デイヴィス
レイルウェイ 運命の旅路
マンデラ 自由への長い道
ターニング・タイド 希望の海
鑑定士と顔のない依頼人
17歳
(ミッシング・ポイント)
ザ・イースト
her/世界でひとつの彼女
プレーンズ
マダム・イン・ニューヨーク
人生はマラソンだ!
消えた画 クメール・ルージュの真実
ジゴロ・イン・ニューヨーク
スティーブ・ジョブズ
セッションズ
パークランド-ケネディ暗殺、真実の4日間
アメリカン・ハッスル
ソウルガールズ
トランセンデンス
バックコーラスの歌姫(ディーバ)たち
母の身終い
GODZILLA ゴジラ
ソウォン/願い
怪しい彼女
めぐり逢わせのお弁当
グリフィン家のウェディングノート
グランド・ブダペスト・ホテル
チョコレートドーナツ
プロミスト・ランド
テロ,ライブ
グレートデイズ!-夢に挑んだ父と子-
デンジャラス・バディ
クライマー パタゴニアの彼方へ
リベンジ・マッチ
NO ノー
フルートベール駅で
バルフィ!人生に唄えば
バチカンで逢いましょう
レッド・ファミリー
ジャージー・ボーイズ
フォンターナ広場 イタリアの陰謀
ニューヨーク冬物語
ザ・テノール 真実の物語
マレフィセント
オール・イズ・ロスト~最後の手紙~
ザ・マシーン
セインツ-約束の果て-
インターステラ―
ショート・ターム
はじまりは5つ星ホテルから
リーガル・マインド~裏切りの法廷~
ラスト・ベガス
ゴーン・ガール
(ライフ(ヒラリースワンク))
ネクスト・ゴール!世界最弱のサッカー代表チーム 0対31からの挑戦
ある過去の行方
マイ・リトル・ヒーロー
キリングゲーム
サンバ
複製された男
ベイマックス
(地平線のキックオフ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年9月 | トップページ | 2015年3月 »