映画・テレビ

マイベスト映画 2016

今年も日本インターネット映画大賞に投票します。
今年からルールが変わり、「日本映画と外国映画を一記事で投票する」「作品はそれぞれ5つまで」などとなりました。2016年に劇場公開されていた映画(便宜上、2015年11月1日から2016年12月中に封切りとなったものとしています。ただし、昨年のマイベスト映画に既に含めたものについては除外)で、映画館またはDVDなどで見たものは、外国映画が112作品、日本映画が16作品(文末に記載)。というわけで、外国映画から書きたいと思います。

外国映画

【作品賞】(3本以上5本まで)
「オマールの壁」
「最愛の子」
「二―ゼと光のアトリエ」
「PK」
「オデッセイ」
【コメント】
私が好きな映画はやはり脚本のおもしろいものになるのだなぁと思います。人が困難にぶちあたってそれにどう対処していくのか、というような。この5作品はどれもすごく面白かった。
【監督賞】          
   [ハニ・アブ・アサド(オマールの壁)]
【コメント】
「オマールの壁」はパレスチナが舞台で、それはもちろん重要な要素ではあるけれど、人間ドラマとして普遍的な面白さのある作品。こんな面白い作品を作ってくれてありがとうございます。
【最優秀男優賞】
   [エディ・レッドメイン(リリーのすべて)]
【コメント】
むずかしい役どころを完璧にこなしていた。
【最優秀女優賞】
   [ヴィッキー・チャオ(最愛の子)]
【コメント】
彼女の迫真の演技が胸に迫った。
【ニューフェイスブレイク賞】
   [ジェイコブ・サルヴァーティ(リトル・ボーイ)]
【コメント】
子どもには弱くて(^^;)。彼が今後どんなふうに成長していくのか楽しみ。
【音楽賞】
  「ソング・オブ・ラホール」
【コメント】
パキスタンの伝統音楽とジャズ。この組み合わせが新鮮で聞き入ってしまった。

-----------------------------------------------------------------

日本映画

【作品賞】(3本以上5本まで)
「この世界の片隅に」  
「さとにきたらええやん」
「家族はつらいよ」
「海よりもまだ深く」
「君の名は。」
【コメント】
日本映画はあまり見ていないけど、ここにあげたのはみんないい作品だと思う。「家族はつらいよ」はベストに入れている人を見かけたことがないけど、「家族あるある」感が楽しく、私は好きだった。
【監督賞】          
   [重江 良樹(さとにきたらええやん)]
【コメント】
釜ヶ崎にある児童福祉施設を撮ったドキュメンタリー。この題材を撮ってくれたこと、私達に知らせてくれたことに感謝。子どもや大人に、こんなふうに関われたら、と思う。
【最優秀男優賞】
   [橋爪功(家族はつらいよ)]
【コメント】
役柄にぴったりのいい味がでてると思う^^。
【最優秀女優賞】
   [黒木華(リップヴァンウィンクルの花嫁)]
【コメント】
この映画の脚本はちょっと好きになれないところがあったのだけど、黒木さんははまり役。
【ニューフェイスブレイク賞】
   [該当なし]
【音楽賞】
  「該当なし」

-----------------------------------------------------------------

【私が選ぶベストカップル映画賞】
   [あなた、その川を渡らないで]
【コメント】
韓国の老夫婦のドキュメンタリーが、見ていてこんなに素敵なものだとは^^。
-----------------------------------------------------------------
 この内容(以上の投票を含む)をWEBに転載することに同意する。
-----------------------------------------------------------------
以下、2016年の作品で見た映画をだいたい好きな順に(といっても途中からかなりの部分は順番にあまり意味がないですが)書いておきます。(括弧)でくくっているのは、一般劇場未公開などの作品です。

外国映画

オマールの壁
最愛の子
ニーゼと光のアトリエ
PK
オデッセイ
あなた、その川を渡らないで
マネーモンスター
彷徨える河
リトル・ボーイ 小さなボクと戦争
弁護人
ある戦争
マイケル・ムー アの世界侵略のススメ
インフェルノ
エクス・マキナ
パディントン
帰ってきたヒトラー
歌声にのった少年
ソング・オブ・ラホール
ストリート・オーケストラ
X-ミッション
ザ・ウォーク
ロング・トレイル!
トランボ ハリウッドに最も嫌われた男
ブリッジ・オブ・スパイ
バンクシー・ダズ・ニューヨーク
ティエリー・トグルドーの憂鬱
ニュースの真相
(太陽の子)
ザ・ビートルズ~EIGHT DAYS A WEEK ‐ The Touring Years
ハドソン川の奇跡
素敵なサプライズ ブリュッセルの奇妙な代理店
グッバイ、サマー
ハンズ・オブ・ラヴ 手のひらの勇気
パリ3区の遺産相続人
白鯨との闘い
神様の思し召し
ハロルドが笑う その日まで
ディーパンの闘い
これが私の人生設計
最高の花婿
ドリーム ホーム 99%を操る男たち
カルテル・ランド
(JOY)
ジャングル・ブック
私の少女時代-Our Times-
好きにならずにいられない
めぐりあう日
クリード チャンプを継ぐ男
マリーゴールド・ホテル 幸せへの第二章
リリーのすべて
ヒトラーの忘れもの
サウルの息子
スボットライト 世紀のスクープ
マジカルガール
ハングリー・ハーツ
幸せなひとりぼっち
ターザン:REBORN
10 クローバーフィールド・レーン
インサイダーズ/内部者たち 
ビューティー・インサイド
ヘイル、シーザー!
ボーダーライン
砂上の法廷
グランド・イリュージョン 見破られたトリック
エル・クラン
アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場
ヘイトフルエイト
不屈の男 アンブロークン
疑惑のチャンピオン
火の山のマリア
わたしはマララ
シティズンフォー スノーデンの暴露
手紙は憶えている
母の残像
奇跡の教室 受け継ぐ者たちへ
ペレ 伝説の誕生
ヴィクトリア
ズートピア
裸足の季節
ルーム
完全なるチェックメイト
孤独のススメ
オートマタ
マネー・ショート 華麗なる大逆転
ブルックリン
人生は小説よりも奇なり
灼熱
(13時間 ベンガジの秘密の兵士)
ペット
或る終焉
小さな園の大きな奇跡
ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります
スティーブ・ジョブズ
世界一キライなあなたに
ブラック・スキャンダル
心霊ドクターと消された記憶
サウスポー
ファインディング・ドリー
シング・ストリート 未来へのうた
われらが背きし者
レヴェナント:蘇えりし者
ポバティー・インク ~あなたの寄付の不都合な真実~
ミス・シェパードをお手本に
フランス組曲
キャロル
海峡を越えた野球少年
将軍様、あなたのために映画を撮ります
アンフレンデッド
デッドプール
ゴーストバスターズ
マイ・ファニー・レディ
神様メール

******************************
日本映画

この世界の片隅に
さとにきたらええやん
家族はつらいよ
海よりもまだ深く
君の名は。
シン・ゴジラ
殿、利息でござる!
ちはやふる 上の句 下の句
リップヴァンウィンクルの花嫁
聖の青春
疾風ロンド
校庭に東風吹いて
太陽の蓋
映画「聲の形」
SHARING
つむぐもの

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マイベスト映画 2015(日本映画編)

日本インターネット映画大賞(日本映画部門)に投票します。
昨年公開されていた日本映画で、映画館またはDVD等で見たのは24作品(文末に記載)。「持ち点合計は30点」「1作品に投票できる最大点数は10点まで」などのルールに従って投票します。

【作品賞】(3本以上10本まで)
  「小さき声のカノン-選択する人々」8点
  「0.5ミリ」7点
  「野火」5点
  「海難1890」4点
  「恋人たち」3点
  「犬に名前をつける日」2点
  「ビリギャル」1点
  
【コメント】
日本語のドラマ作品は、どうしても芝居臭さを感じてしまうため、私が好きな日本映画はドキュメンタリーが多くなる傾向があるようだ。原発事故の後、福島から離れる選択をした人、福島に戻る選択をした人、それぞれの話を聞いて、そのありのままを示そうとした「小さき声のカノン」は、本当に多くの人に見てもらいたい作品だ。捨て犬や捨て猫の問題を扱った「犬に名前をつける日」はドキュメンタリーにドラマの要素を加えたところがちょっと中途半端な印象はあるけど、扱っているテーマのインパクトは大きい。
-----------------------------------------------------------------

【監督賞】              作品名
   [鎌仲ひとみ] (「小さき声のカノン-選択する人々」)
【コメント】
「ヒバクシャ」「六ヶ所村ラプソディー」と、ずっと放射能のテーマを追い続けておられる鎌仲さん。そして、いつも当事者の立場に寄り添おうとされる姿勢が素敵だ。
【主演男優賞】
   [塚本晋也] (「野火」)
【コメント】
監督・脚本のみならず、主演までやってしまったというのはすごい。
【主演女優賞】
   [安藤 サクラ] (「0.5ミリ」)
【コメント】
「百円の恋」での熱演もすごかった。幅広い役柄を演じることのできる人。
【助演男優賞】
   [津川雅彦] (「0.5ミリ」)
【コメント】
教師っぽさの抜けない嫌味な感じがよかった^_^;
【助演女優賞】
   [夏川結衣] (「海難1890」)
【コメント】
きっぷのいい姉御、という役どころがぴったり^^。
【ニューフェイスブレイク賞】
   [成嶋瞳子] (「恋人たち」)
【コメント】
素人っぽい感じに親しみを感じる。それでいて大胆なところがあって、存在感がある。
【音楽賞】
  「味園ユニバース」
【コメント】
「古い日記」は名曲だ^_^;
-----------------------------------------------------------------

【私が選ぶ敢闘賞】
   [伊藤淳史] (「ビリギャル」「ボクは坊さん。」)
【コメント】
日本映画をあまり見ないので、彼のことも知らなかったwのだが、今年見た二つの映画で印象に残ったので。最初、同じ人だとわからなかったw。
-----------------------------------------------------------------
 この内容(以下の投票を含む)をWEBに転載することに同意する。
-----------------------------------------------------------------
昨年映画館で公開されていた映画(便宜上、2014年11月1日以降に公開されたものとしました。ただし、既に「マイベスト映画2014」にあげたものは含みません)で、見たものを、だいたい好きな順に。

小さき声のカノン-選択する人々
0.5ミリ
野火
海難1890
恋人たち
犬に名前をつける日
ビリギャル
ベトナムの風に吹かれて
陽光桜
ボクは坊さん。
バンクーバーの朝日
杉原千畝 スギハラチウネ
龍三と七人の子分たち
百円の恋
神様はバリにいる
きみはいい子
アリのままでいたい
あん
天空の蜂
味園ユニバース
マエストロ!
風に立つライオン
駆込み女と駆出し男
暗殺教室

| | コメント (0) | トラックバック (1)

マイベスト映画 2015(外国映画編)

今年も日本インターネット映画大賞(外国映画部門)に投票します。
昨年公開されていた外国映画で、映画館またはDVD等で見たのは98作品(文末に記載)。
その中から「持ち点合計は30点」「1作品に投票できる最大点数は10点まで」などのルールに従って投票します。
-----------------------------------------------------------------

【作品賞】(3本以上10本まで)
  「パレードへようこそ」8点
  「幸せのありか」8点
  「トラッシュ!この街が輝く日まで」7点
  「セバスチャン・サルガド/地球へのラブレター」2点
  「グッド・ライ~いちばん優しい嘘~」1点
  「僕たちの家に帰ろう」1点
  「マイ・インターン」1点
  「シェフ ~三ツ星フードトラック始めました~」1点
  「海にかかる霧」1点
【コメント】
LGBTと呼ばれる性的マイノリティの人達に対する偏見は根強いものがあるが、2015年は少しずつ新しい動きも出てきた。そういう意味でも2015年を代表する映画といっていいかも。「ブレッドアンドローズィズ」の歌も心に残る。
-----------------------------------------------------------------

【監督賞】              作品名
   [マシュー・ウォーチャス] (「パレードへようこそ」)
【コメント】
昨年、一番印象に残った映画の監督。
【主演男優賞】
   [ダヴィド・オグロドニク] (「幸せのありか」)
【コメント】
脳性麻痺の主人公をとても自然に演じている。
【主演女優賞】
   [カルキ・ケクラン] (「マルガリータで乾杯を」)
【コメント】
脳性麻痺の主人公をとても自然に演じている。笑顔が素敵。「女神は二度微笑む」のヴィディヤ・バランもよかった。インド映画の女性が印象に残った年。
【助演男優賞】
   [ポール・ジアマッティ] (「ストレイト・アウタ・コンプトン」)
【コメント】
善人だけど胡散臭いところのある人…という役どころを見事に^^。「フォックスキャッチャー」のマーク・ラファロもよかった。
【助演女優賞】
   [マリサ・トメイ] (「Re:LIFE~リライフ~」)
【コメント】
50歳を過ぎて、女性として生き生きと輝いている姿が素敵。
【ニューフェイスブレイク賞】
   [ラフィー・キャシディ] (「トゥモローランド」)
【コメント】
どことなく謎めいた、華のある少女。
【音楽賞】
  「パーソナル・ソング」
【コメント】
音楽映画ではなく、認知症の人達が、かつて慣れ親しんだ音楽を聞くによって脳が活性化する、という実例を示したドキュメンタリーなのだが、この映画を見たことで私も身近にそういう例を体験することができた。音楽の持つ力の大きさを感じさせてくれた映画なので。
-----------------------------------------------------------------

【私が選ぶ教育映画賞】
   [バベルの学校]
【コメント】
子どもの育ち、特に子どもの言葉の発達に興味のある私にはとても面白いドキュメンタリーだった。フランスの教育での試みは面白いと思うことが多い。

-----------------------------------------------------------------
 この内容(以下の投票を含む)をWEBに転載することに同意する。
-----------------------------------------------------------------
昨年映画館で公開されていた映画(便宜上、2014年11月1日以降に公開されたものとしました。ただし、既に「マイベスト映画2014」にあげたものは含みません)で、見たものを、だいたい好きな順に。といっても、ほとんどの映画は面白かったので、途中からの順位はそれほど意味がないですが。(括弧)でくくっているのは、映画祭などでの限定的な上映だったものです。

幸せのありか
パレードへようこそ
トラッシュ!この街が輝く日まで
パーソナル・ソング
セバスチャン・サルガド/地球へのラブレター
バベルの学校
グッド・ライ~いちばん優しい嘘~
僕たちの家に帰ろう
マイ・インターン
シェフ ~三ツ星フードトラック始めました~
海にかかる霧
(長い旅)
それでも僕は帰る ~シリア 若者たちが求め続けたふるさと~
消えた声が、その名を呼ぶ
イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密
アリスのままで
ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション
ビッグ・アイズ
キングスマン
(ガザを飛ぶブタ)
ビッグ・シティ
私の少女
博士と彼女のセオリー
皆殺しのバラッド メキシコ麻薬戦争の光と闇
ジャッジ 裁かれる判事
(外泊)
唐山大地震
6才のボクが、大人になるまで。
女神は二度微笑む
ミッシング・デイ
明日へ
あの日の声を探して
マルガリータで乾杯を!
国際市場で逢いましょう
真夜中のゆりかご
チャッピー
きっと、星のせいじゃない。
サンドラの週末
おやすみなさいを言いたくて
天才スピヴェット
Re:LIFE~リライフ~
ひつじのショーン~バック・トゥ・ザ・ホーム~
グローリー/明日への行進
陽だまりハウスでマラソンを
ボーダレス ぼくの船の国境線
サヨナラの代わりに
奇跡の2000マイル
禁じられた歌声
黄金のアデーレ 名画の帰還
ミケランジェロ・プロジェクト
チャップリンからの贈りもの
わたしに会うまでの1600キロ
薄氷の殺人
エベレスト 3D
ストレイト・アウタ・コンプトン
ひつじ村の兄弟
ハッピーエンドの選び方
100歳の華麗なる冒険
パリよ、永遠に
チェイス!
ふたつの名前を持つ少年
草原の実験
独裁者と小さな孫
しあわせへのまわり道
トゥモローランド
全力スマッシュ
Mommy/マミー
パンク・シンドローム
アメリカン・スナイパー
ミルカ
フォックスキャッチャー
ジミーとジョルジュ 心の欠片を探して
KANO~1931海の向こうの甲子園~
サイの季節
はじまりのうた
おみおくりの作法
妻への家路
ジミー、野を駆ける伝説
アニー
光のノスタルジア
ギリシャに消えた嘘
オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分
トレヴィの泉で二度目の恋を
ブルックリンの恋人たち
チャイルド44 森に消えた子供たち
メイズ・ランナー
モンタナ 最後のカウボーイ
インサイド・ヘッド
ミニオンズ
バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)
ジェームス・ブラウン~最高の魂(ソウル)を持つ男~
ゼロの未来
マッドマックス 怒りのデス・ロード
リトルプリンス 星の王子さまと私
パワー・ゲーム
ランナーランナー
(リヴァイアサン)
神は死んだのか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「小さき声のカノン-選択する人々」

 福島の原発事故からもうすぐ4年が経とうとしている。被曝を恐れ、いったんは福島から避難したものの、家族が離れて暮らすストレスなど、様々な理由から、福島で暮らす選択をした人達がいる。線量計で通学路の放射線量を測り、できる限りの除染をし、食べ物に気を配って、子ども達を被曝から守ろうと精一杯のことをしている。政府は年間被ばく量の基準値をひきあげた。食材も100ベクレル以下なら大丈夫だといって福島産の米を給食に使うと言う。本当に大丈夫なのか。不安はつきない。
 避難生活を選択した人もいる。子どもが「足の裏が痛い」と言いだし、このままでは子どもが死んでしまうのでは、と不安になった。強制避難区域でなければ「自主避難」と言われ、政府からの支援はほとんどない。帰還をすれば90万円もらえると言うが、とても帰る気にはなれない。
 映画は、チェルノブイリ事故の後のベラルーシの取り組みや、放射線の影響のない場所で一定期間保養することが子どもの体内の放射線を排出するのに効果があることについて紹介していく。
 福島の事故の後、様々な選択をせざるをえなかった人達に対し、民間からの支援はある程度あるものの、公的な支援がほとんどない実態。除染も住民が自主的に行っていることが多いし、保養が公的に推奨されていることもない。復興支援のためのお金はそういうところにこそ使われるべきではないのか。

 映画の後、監督の鎌仲ひとみさんと歌人の俵万智さんの対談があった。震災の後、仙台から石垣島へ引っ越すことになった俵さん。「あなたが仙台を離れることが、『仙台が危険なところである』ような印象を与える」などのように言われたりした。被害を受けた人達が分断されてしまっている。それぞれの人に事情があり、みなそれぞれの場所で精いっぱい生きているのに。

 「ヒバクシャ」「六ヶ所村ラプソディ-」「ミツバチの羽音と地球の回転」とずっと放射能の問題を追ってきた鎌仲さんは、SPEEDIが六ヶ所村で訓練を行う様子も見たことがあったという。128億円かけて作られたというSPEEDI(緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム)だが、福島の事故の時には機能しなかった。「ミツバチ-」では持続可能エネルギーの利用について紹介したり、原発に頼らない社会の可能性を示されていたけれど、自分の映画はまだまだ力が足りなくて、とおっしゃる。
 
 「小さき声のカノン」はたくさんの人に見てもらいたい。福島にとどまることも離れることも、どちらも簡単なことではないのだ。当事者の必死の思いの選択に対し、「○○すべきだ」などの言動は当事者のストレスを増すだけだ。とどまった人達には、せめて子ども達が被曝の影響を少しでも減らせるように保養事業などの支援をすべきだろうし、避難を選択した人達にも金銭的、精神的な支援が必要だろう。当事者がしてほしい支援を公的な機関が後押しできるように、私達も声をあげていかなければならない。そして、こんな苦しい選択を迫られる人が出ないよう、原発の再稼働ストップに向けて声をあげていかなければ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マイベスト映画 2014(日本映画編)

日本インターネット映画大賞(日本映画部門)に投票します。
昨年公開されていた日本映画で、映画館またはDVD等で見たのは21作品(文末に記載)と少ないのですが、好きな作品に応援の気持ちを伝える機会として。「持ち点合計は30点」「1作品に投票できる最大点数は10点まで」などのルールに従って投票します。

-----------------------------------------------------------------

【作品賞】(3本以上10本まで)
  「60万回のトライ」9点
  「滝を見にいく」9点
  「僕がジョンと呼ばれるまで」3点
  「東京難民」3点
  「ある精肉店のはなし」3点
  「WOOD JOB!(ウッジョブ)~神去なあなあ日常~」2点
  「小さいおうち」1点
【コメント】
大阪朝鮮高級学校ラグビー部が奮闘する姿を追ったドキュメンタリー「60万回のトライ」は、筋書きのないドラマに胸をうたれる。「滝を見にいく」は素人のおばちゃんを集めて作ったという映画で、個性豊かなおばちゃん達に元気と笑いをもらえる。「僕がジョンと呼ばれるまで」は認知症の人との接し方のヒントを与えてくれる。「東京難民」はありえないような話ながら、ありえるかも、と思ってしまうリアル感がすごい。「ある精肉店のはなし」は『いのちをいただく』という営みについて、『仕事』について、考えさせられる映画。
-----------------------------------------------------------------

【監督賞】     作品名
   [沖田修一] (「滝を見にいく」)
【コメント】
素人のおばちゃんで映画を作ったら…という発想もすごいけど、あんな楽しい作品にしてしまったのはやはり監督の力なのかな。
【主演男優賞】
   [中村蒼] (「東京難民」)
【コメント】
「東京難民」の主役-普通の大学生-としてはちょっとイケメンすぎるかも、だけど、イケメンだからこそ、ホストという経験があり、その後のどん底生活があり、というストーリーを描けたわけで、適役だったんだと思う。
【主演女優賞】
   [黒木華] (「小さいおうち」)
【コメント】
しっかり者で慎ましい女中という役をばっちり演じていた。
【助演男優賞】
   [光石研] (「WOOD JOB!(ウッジョブ)~神去なあなあ日常~」)
【コメント】
地味にしっかり仕事をするこういう人がいるからよいものは生まれるんだよなぁと思う
【助演女優賞】
   [長澤まさみ] (「WOOD JOB!(ウッジョブ)~神去なあなあ日常~」)
【コメント】
負けん気の強い美人は見ていて気持ちいい^^
【ニューフェイスブレイク賞】
   [上白石萌音] (「舞妓はレディ」)
「舞妓はレディ」は、私はあまり好きな作品ではなかったけど、主演の彼女は、朴訥とした感じが役にはまっていたし、のびやかな声もよかった。
【音楽賞】
  「該当なし」

-----------------------------------------------------------------

【私が選ぶ「もっと上映してほしい」で賞】
   [デイビッド&カマル]
【コメント】
エルサレムを舞台にパレスチナ人の少年とユダヤ人の少年の交流を描いた物語。監督、脚本、プロデューサーが日本人なので日本映画に入れたけど、製作国はアメリカとなっている。また製作年は2011年だけど、私が見たのが昨年で、おそらくそれまでも日本では上映されていないか、すごく限定的な公開だったと思う(私が見た時も限定的な公開だったが)ので昨年の映画ということで。ただし、限定的な公開のため、作品賞には入れなかった。入れるなら「滝を見にいく」の次に。
脚本はよくできていて、少年達の英語でのやりとりが楽しいし、エルサレムの街並みを見るのも面白い。もっと公開されていい作品だと思う。
-----------------------------------------------------------------
 この内容(以下の投票を含む)をWEBに転載することに同意する。
-----------------------------------------------------------------

21作品を見た順に。(括弧)でくくったのは、上映会など、一般の映画館以外で見たもの。

BUDDHA2 手塚虫のブッダ 終わりなき旅
抱きしめたいー真実の物語ー
家路
東京難民
僕がジョンと呼ばれるまで
60万回のトライ
春を背負って
(じんじん)
(隣る人)
(デイビッド&カマル)
石川文洋を旅する
永遠の0
革命の子どもたち
舞妓はレディ
思い出のマーニー
WOOD JOB!(ウッジョブ)!〜神去なあなあ日常〜
小さいおうち
無知の知
滝を見にいく
紙の月
ある精肉店のはなし

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マイベスト映画 2014(外国映画編)

今年も日本インターネット映画大賞(外国映画部門)に投票します。
昨年公開されていた外国映画で、映画館またはDVD等で見たのは95作品(文末に記載)。
その中から「持ち点合計は30点」「1作品に投票できる最大点数は10点まで」などのルールに従って投票します。

【作品賞】(3本以上10本まで)
  「ショート・ターム」9点
  「チョコレートドーナツ」8点 
  「ソウォン/願い」5点
  「マダム・イン・ニューヨーク」4点
  「世界の果ての通学路」1点
  「光にふれる」1点
  「ダラス・バイヤーズ・クラブ」1点
  「レッド・ファミリー」1点
  
【コメント】
昨年は面白い映画が多かったが、私がベストを選ぶと、好みで、どうしてもヒューマンドラマ系のものが上位に来る。「ショート・ターム」は養護施設に暮らす思春期の子ども達とスタッフの関わりを描いたもの。「チョコレートドーナツ」は親に置き去りにされてしまったダウン症の少年をゲイカップルが育てようとする。「マダム・イン・ニューヨーク」は英語の苦手なインド人女性がアメリカ社会で苦闘する話。社会的な弱者の登場する話に弱いところがあるらしく、しっかりノックアウトされてしまった。ここにあげたその他の作品も、この点数では申し訳ないようなものばかりの良作。
ハリウッド作品では「ロボコップ」「マレフィセント」などが面白かった。
-----------------------------------------------------------------

【監督賞】              作品名
   [デスティン・クレットン] (「ショート・ターム」)
【コメント】
「ショート・ターム」は昨年最高の映画。素晴らしい脚本を書いたのも彼。
【主演男優賞】
   [アラン・カミング] (「チョコレートドーナツ」)
【コメント】
心優しく、しんの通ったゲイの歌手を好演。
【主演女優賞】
   [ブリー・ラーソン] (「ショート・ターム」)
【コメント】
施設のスタッフとして、こうありたいな、と思うような役柄だった。子どもに媚びず、でも大切に扱っている。
【助演男優賞】
   [ジョン・ギャラガー・Jr.] (「ショート・ターム」)
【コメント】
彼の明るいキャラが作品に温かみとユーモアを与えている。
【助演女優賞】
   [エレーヌ・ヴァンサン] (「母の身終い」)
【コメント】
息子を愛しながら、うまくつきあうことのできない母親。自然な演技の中に老いの悲しみがにじみでている。
【ニューフェイスブレイク賞】
   [ブリー・ラーソン] (「ショート・ターム」)
【コメント】
彼女は今年デビューしたわけではないようだけど、この作品でブレイクしたといえると思うので。今後も活躍してほしい。
【音楽賞】
  「ソウルガールズ」
【コメント】
世界にはばたこうとしたアボリジニの女の子達。そのために選んだのがベトナム戦争を戦う兵士達を慰問してまわるという仕事。彼女達の力強く美しいコーラスが耳に心地よいが、辛い時代だったことは伝わってくる。作品としても面白い。
-----------------------------------------------------------------

【私が選ぶ敢闘賞】
   [リベンジ・マッチ]
【コメント】
リアルタイムで「ロッキー2」と「レイジングブル」を見た私には、ツボにはまる企画だった。ロバート・デニーロは71歳、シルベスター・スタローンは68歳。その年齢であのハードな企画に挑戦した二人に拍手。特にデニーロは他の作品でも幅広い役柄を演じていてすごいなぁと思う。

【私が選ぶ未公開映画賞】
   [シージャック]
【コメント】
「キャプテン・フィリップス」と似たような状況を描いた話なのだけど、リアル感がすごくて、「キャプテン・フィリップス」が色あせてしまうほど。「偽りなき者」の脚本家トビアス・リンホルムが監督・脚本を手掛けているとあって、さすがという感じ。
「ライフ」(ヒラリースワンク)は、テレビ作品のせいか映画館での上映はなかったようだけど、ストーリーもビジュアル的にも映画館で上映しても十分楽しめる作品だったと思う。
-----------------------------------------------------------------
 この内容(以下の投票を含む)をWEBに転載することに同意する。
(同意しない方は「同意する」を「同意しない」に書き改めて下さい)
-----------------------------------------------------------------

昨年映画館で公開されていた映画(便宜上、2013年11月1日以降に公開されたものとしました。「マイベスト映画2013」にあげたものは含みません)を、だいたい見た順に。(括弧)でくくっているのは、映画祭などの限定的な上映だったり、映画館での上映がなかった作品。

旅人は夢を奏でる
鉄くず拾いの物語
7番房の奇跡
ウルフ・オブ・ウォールストリート
さよなら、アドルフ
ラッシュ/プライドと友情
ダラス・バイヤーズ・クラブ
大統領の執事の涙
スノーピアサー
ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅
メイジーの瞳
怒れ!憤れ!-ステファン・エセルの遺言-
光にふれる
あなたを抱きしめる日まで
アナと雪の女王
LEGO(R) ムービー
ロボコップ
LIFE!
悪の法則
ダブリンの時計職人
(背の高い男は幸せ?)
アクト・オブ・キリング
ザ・コール[緊急通報指令室]
ローン・サバイバー
世界の果ての通学路
8月の家族たち
42~世界を変えた男
ブルージャスミン
ワレサ 連帯の男
MUD-マッド-
(シージャック)
それでも夜は明ける
インサイド・ルーウィン・デイヴィス
レイルウェイ 運命の旅路
マンデラ 自由への長い道
ターニング・タイド 希望の海
鑑定士と顔のない依頼人
17歳
(ミッシング・ポイント)
ザ・イースト
her/世界でひとつの彼女
プレーンズ
マダム・イン・ニューヨーク
人生はマラソンだ!
消えた画 クメール・ルージュの真実
ジゴロ・イン・ニューヨーク
スティーブ・ジョブズ
セッションズ
パークランド-ケネディ暗殺、真実の4日間
アメリカン・ハッスル
ソウルガールズ
トランセンデンス
バックコーラスの歌姫(ディーバ)たち
母の身終い
GODZILLA ゴジラ
ソウォン/願い
怪しい彼女
めぐり逢わせのお弁当
グリフィン家のウェディングノート
グランド・ブダペスト・ホテル
チョコレートドーナツ
プロミスト・ランド
テロ,ライブ
グレートデイズ!-夢に挑んだ父と子-
デンジャラス・バディ
クライマー パタゴニアの彼方へ
リベンジ・マッチ
NO ノー
フルートベール駅で
バルフィ!人生に唄えば
バチカンで逢いましょう
レッド・ファミリー
ジャージー・ボーイズ
フォンターナ広場 イタリアの陰謀
ニューヨーク冬物語
ザ・テノール 真実の物語
マレフィセント
オール・イズ・ロスト~最後の手紙~
ザ・マシーン
セインツ-約束の果て-
インターステラ―
ショート・ターム
はじまりは5つ星ホテルから
リーガル・マインド~裏切りの法廷~
ラスト・ベガス
ゴーン・ガール
(ライフ(ヒラリースワンク))
ネクスト・ゴール!世界最弱のサッカー代表チーム 0対31からの挑戦
ある過去の行方
マイ・リトル・ヒーロー
キリングゲーム
サンバ
複製された男
ベイマックス
(地平線のキックオフ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マイベスト映画2012(日本映画編)

今年はインターネット映画大賞(日本映画部門)にも投票します。
見た映画は以下の16作品と非常に少なく、メジャーな作品もあまり見ていないのですが、好きな作品があったので。

「311」「誰も知らない基地のこと」「レンタネコ」「呼ばれて行く国インド」「テルマエ・ロマエ」「死刑弁護人」「おおかみこどもの雨と雪」「ニッポンの嘘 報道写真家 福島菊次郎90歳」「かぞくのくに」「DON'T STOP!」「天地明察」「歌姫」「希望の国」「のぼうの城」「僕達急行 A列車で行こう」「ロボジー」

[作品賞投票ルール(抄)]

選出作品は3作品以上10作品まで
持ち点合計は30点以下。ただし投票本数が3本の場合は30点(10点×3作品)とする
1作品に投票できる最大は10点まで

-----------------------------------------------------------------

『 日本映画用投票テンプレート 』

【作品賞】(3本以上10本まで)
  「DON'T STOP!」8点
  「かぞくのくに」6点
  「テルマエ・ロマエ」6点
  「死刑弁護人」2点
  「おおかみこどもの雨と雪」2点
  「希望の国」2点
  「311」2点
  「天地明察」2点
  
【コメント】
「DON'T STOP!」は交通事故で身体に障がいを持った"ちょい悪オヤジライダー"の「アメリカ大陸を横断したい」という夢をかなえようとみんなが奮闘する姿を追ったドキュメンタリー。カメラは、仲間割れがあったり、きれいごとばかりではすまない様子とともに、アメリカの自然の素晴らしさや人の関わりの面白さを映し出し、こちらも一緒に感動してしまった。他の作品も、視点が新しかったり、発想が斬新だったりする意欲作が多かった。
-----------------------------------------------------------------

【監督賞】    作品名
   [小橋賢児] (「DON'T STOP!」)
【コメント】
ドキュメンタリーがおもしろくなるかどうかは偶然に左右される部分はあるとは思うけど、非常に面白かったので。それはやっぱり監督の姿勢によるところも大きいのだろう。
【主演男優賞】
   [阿部寛] (「テルマエ・ロマエ」)
【コメント】
日本人でありながらローマ人を演じても違和感がない^^。
【主演女優賞】
   [宮崎あおい] (「天地明察」)
【コメント】
さわやか^^。
【助演男優賞】
   [笹野高史] (「僕達急行 他」)
【コメント】
僕達急行でのお父さん役はなかなか笑えた^^。日本映画、そもそも私の見た数が少ないのに、「天地明察」や「テルマエ・ロマエ」でも活躍していて印象に残った。
【助演女優賞】
   [宮崎美子] (「かぞくのくに」)
【コメント】
不器用で、子どもへの愛にあふれた母親を好演。
【ニューフェイスブレイク賞】
   [該当なし]

【音楽賞】
  「歌姫」
【コメント】
唯一見た音楽映画
【ブーイングムービー賞】
  「該当なし」

-----------------------------------------------------------------
 この内容(以下の投票を含む)をWEBに転載することに同意する。
-----------------------------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マイベスト映画2012

今年もインターネット映画大賞(外国映画部門)に投票します。

昨年、映画館で上映されていた外国映画で映画館またはDVDなどで見たのは以下の63本。

「ミッション・インポッシブル」「灼熱の魂」「サラの鍵」「リアル・スティール」「宇宙人ポール」「預言者」「第4の革命」「ビッグ・ボーイズ」「TIME」「ピラミッド 5000年の嘘」「ヒューゴの不思議な発明」「ものすごくうるさくて ありえないほど近い」「プリピャチ」「長ぐつをはいたネコ」「マーガレット・サッチャー」「ルート・アイリッシュ」「タイタニック 3D」「アーティスト」「スーパー・チューズディ」「別離」「オレンジと太陽」「ヘルプ」「ブラック&ホワイト」「ベイビーズ いのちのちから」「幸せの教室」「ファミリー・ツリー」「ロボット」(「危険なレシピ」)「ソウル・サーファー」「キリマンジャロの雪」「幸せへのキセキ」「ラ・ワン」「ミッドナイト・イン・パリ」「クレイジー・ホース」「アメイジング・スパイダーマン」「リンカーン弁護士」「汚れた心」「プロメテウス」「最強のふたり」「プンサンケ」「モンサントの不自然な食べもの」「アベンジャーズ」「イラン式料理本」「ロック・オブ・エイジズ」「わたしたちの宣戦布告」「トガニ」「壊された5つのカメラ」「アルゴ」「みんなで一緒に暮らしたら」「シルク・ドゥ・ソレイユ」「人生の特等席」「ボス その男シヴァ―ジ」「007 スカイフォール」「恋のロンドン狂騒曲」「砂漠でサーモン・フィッシング」「J・エドガー」「ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬」(「空飛ぶペンギン」)「50/50」「おとなのけんか」「ラム・ダイアリー」「それでも、愛してる」「ハングリー・ラビット」
*()でくくったのは一般公開されていないもの。

[作品賞投票ルール(抄)]

選出作品は3作品以上10作品まで
持ち点合計は30点以下。ただし投票本数が3本の場合は30点(10点×3作品)とする
1作品に投票できる最大は10点まで

-----------------------------------------------------------------

『 外国映画用投票テンプレート 』

【作品賞】(3本以上10本まで)
  「ヘルプ~心がつなぐストーリー~」6点
  「トガニ 幼き瞳の告発 」 6点
  「別離」 5点
  「最強のふたり」 3点
  「キリマンジャロの雪」 2点
  「幸せへのキセキ」 2点
  「ファミリー・ツリー」 2点
  「サラの鍵」 2点
  「アーティスト」 1点
  「ロボット」 1点
【コメント】
2012年は本当に面白い映画が多かったが、10作品を選ぶとなると私の好みで、やっぱりヒューマンドラマ系のものが多くなった。「ヘルプ」は声をあげられない人達が声をあげずにはいられなくなる、その道筋が痛快。その声を形にしようとする若いジャーナリストにも共感する。「トガ二」はろう学校での虐待を描いた重い作品だが、主役のコン・ユの柔らかい表情がそれを救っている。「別離」はイランというなかなか知る機会の少ない国の物語で、それだけでも見ていておもしろいのだが、ストーリー展開が見事で引き込まれるし、役者もみんなうまい。以下、感想は省略するけれど、どれもこの点数では低すぎる、と感じるくらい面白かったし、「ソウル・サーファー」など、他にも入れたい作品があった。

【監督賞】              作品名
   [ファン・ドンヒョク] (「トガニ 幼き瞳の告発」)
【コメント】
重いテーマを見応えのあるドラマに仕上げたことに敬意を表して。
【主演男優賞】
   [オマール・シー] (「最強のふたり」)
【コメント】
粗野だけど根はいいやつ、という感じがよく出ていた。
【主演女優賞】
   [クリスティン・スコット・トーマス] (「サラの鍵 」)
【コメント】
この作品での彼女の演技が印象的で、「砂漠でサーモン・フィッシング」でのコミカルな役(?)との違いにびっくり。
【助演男優賞】
   [ベン・キングスレー] (「ヒューゴの不思議な発明」)
【コメント】
ベテランの貫禄。
【助演女優賞】
   [オクタヴィア・スペンサー] (「ヘルプ」)
【コメント】
主役を食うほどの存在感^^。
【ニューフェイスブレイク賞】
   [マギー・エリザベス・ジョーンズ] (「幸せへのキセキ」)
【コメント】
あの愛くるしい笑顔にまいりました。
【音楽賞】
  「キリマンジャロの雪」
【コメント】
大好きなMany Rivers to Cross が流れたのが印象に残って。
【ブーイングムービー賞】
  「ピラミッド 5000年の嘘」
【コメント】
期待が大きすぎたかな。
-----------------------------------------------------------------

【私が選ぶ未公開映画賞】
   「危険なレシピ」
【コメント】
2012年に近代美術館のフィルムセンターで上映されたのを見て大変面白かった作品だが、一般公開されていないため、10作品には入れなかった。1年間石油化学製品を購入しない生活を送った家族の記録。2008年のフィンランド映画。その取り組みも面白いのだけど、そういう生活を送ることについての家族間の葛藤がまた面白い。

【私が選ぶDVD賞】
  「ラビット・ホール」
【コメント】
2011年11月上映開始だったようなので、2012年に上映されていた映画館もあったと思うから、本当なら10作品の中に入れたい作品。子どもを亡くした親がその悲しみとつきあう様がリアルで心にしみる。

-----------------------------------------------------------------
 この内容(以下の投票を含む)をWEBに転載することに同意する。
-----------------------------------------------------------------

| | コメント (2) | トラックバック (0)

マイベスト映画2011

今年もインターネット映画大賞(外国映画部門)に投票します。

[作品賞投票ルール(抄)]
・選出作品は5本以上10本まで
 ・持ち点合計は30点
 ・1作品に投票できる最大は10点まで

-----------------------------------------------------------------

『 外国映画用投票フォーマット 』

【作品賞】(5本以上10本まで)
  「ソウル・キッチン」 6点
  「ミラル」 5点
  「未来を生きる君たちへ」 5点
  「ペーパーバード 幸せは翼にのって」 5点
  「ライフ」 3点
  「バーレスク」 3点
  「トゥルー・グリット」 2点
  「再会の食卓」 1点
 
【コメント】
2011年に劇場公開された外国映画で、映画館またはDVDで見たものは65本。
「ライフ」は別として、脚本の面白かったものをあげました。
「ライフ」は普通には見られない世界を、カメラを通して見せてもらった感じで楽しめた。
-----------------------------------------------------------------

【監督賞】              作品名
   [ファティ・アキン ] (「ソウル・キッチン 」)
【コメント】
2011年見た映画で、一番楽しかったのはこれかな、と思うので。
【主演男優賞】
   [ジャク・ブラック ] (「ガリバー旅行記」)
【コメント】
この映画はジャックブラックの独壇場。
【主演女優賞】
   [カトリーヌ・ドヌーヴ] (「しあわせの雨傘 」)
【コメント】
「お飾り」だった女性がたくましく成長していく姿が小気味よかった。
【助演男優賞】
   [シュー・ツァイゲン] (「再会の食卓」)
【コメント】
妻の前夫があらわれて、妻に去られてしまう、という役。
最初、その夫をもてなしていたが、妻がその夫についていくこととなり、繰り言が増える。
そういう役をなんとも魅力的にこなしていた人。
「ザ・ファイター」のクリスチャン・ベールもよかった。
【助演女優賞】
   [エイミー・アダムス] (「ザ・ファイター」)
【コメント】
きりっとした感じが素敵。
「ハーモニー 心をつなぐ歌」のナ・ムニもよかった。
【ニューフェイスブレイク賞】
   [ヘイリー・スタインフェルド] (「トゥルー・グリット」)
【コメント】
ジェフ・ブリッジズ、マット・デイモンを相手に堂々とわたりあった彼女。大物になるかな^^。
【音楽賞】
  「ソウル・キッチン」
【コメント】
正直言うと、もうどんな曲が使われていたとか覚えてないwんだけど、音楽が気持ちよかったことは覚えているので。
【ブーイングムービー賞】
  「サルトルとボーヴォワール」
【コメント】
サルトルの哲学には惹かれるものがあるのだけど、映画ではすごく俗っぽく描かれていてがっかりしてしまった。
-----------------------------------------------------------------

【勝手に未公開映画賞】
   [トゥルース 闇の告発]
【コメント】
日本では劇場公開されていない(DVDでは見られる)そうだけど、こういう事実があるのなら、多くの人に知ってほしいと思う。
-----------------------------------------------------------------
 この内容(以下の投票を含む)をWEBに転載することに同意する。
-----------------------------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (3)

映画「ミラル」

パレスチナ関係の映画となると、どういう立場、視点で作られたのか、というのが気になってしまうけど、この作品は、まず映画としておもしろい。
ヒンドゥ、ナディア、ファティマ、ミラルという4人の女性の生き様を語る中で、彼女たちの生きた場所、時代が描かれる。

1947年、国連でパレスチナ分割案が決議され、ユダヤ国家の建設が認められる。パレスチナの地に住んでいたユダヤ人でない人達はユダヤ人によって追い出されるようになり、虐殺も起こった。その結果、孤児となった子ども達のためにエルサレムで施設を作ったのがヒンドゥ。
義父から性的虐待を受け、そのために家出したが、アルコール中毒状態となり、ユダヤ人への「暴行」を働いたとして投獄されたナディア。
ナディアが刑務所で出会ったファティマは元看護士だったが、テロ組織で活動したとして無期懲役を言い渡されていた。
刑期を終えたナディアはファティマの兄のジャマールと結婚し、ミラルが生まれる。
幼くして母を亡くしたミラルはやがてヒンドゥの運営する「子どもの家」で過ごすこととなった。。。

ヒンドゥは、子ども達にパレスチナ人としての誇りを持って生きてほしい、と願っていたが、そのための最良の方法は教育であると信じ、暴力的な手段を用いることには反対だった。しかし、成長したミラルは、パレスチナ人の惨状を目にして、何も行動しなくていいのか、という疑問を持つようになる。

ミラルが現実を見て感じたり考えたり、家族や友人や恋人やそのほかの人達とどんなふうな関係を築き、どんな生き方を選んでいくのか、というのが物語の主題であり、政治的なメッセージ性はほとんど感じられない。4人の女性の物語はうまくつながって、見ていて話にひきこまれていく。

監督が「潜水服は蝶の夢を見る」のジュリアン・シュナーベルだと知って納得。監督がユダヤ系の人であるというのも後で知った。しかし、ミラルの原作を読んで語らずにいられなくなったのだという。ユダヤ系の人だからといって、ユダヤ寄りの視点で語っているということはないけれど、やはりヒンドゥのような考え方に近いのかな、とは思う。

パンフレットに岡真理さんが書かれていたのが「エルサレムは、イスラーム、キリスト教、ユダヤ教という3つの信仰の聖地として、信仰を異にする者たちが隣人として友人として歴史的に共生してきた街だ」ということ。それを象徴しているのが映画の最初のクリスマスの場面であり、そのような街に、ひとつの信仰に基づく排他的な国家が建設されることがパレスチナ問題の根源なのだ、と。

いくつか私にはよくわからなかった点(ヒンドゥはパレスチナ人だけど資産家でそれは守られたのか、とか、ジャマールの仕事とか。ジャマールはイスラム教の導師らしいけど、ヒンドゥもジャマールもイスラエルに敵対しない人達だったから迫害を受けなかったのだろうか?)はあるけれど、ミラルが成長していく姿には共感を覚える人が多いのではないかと思う。

私が好きだったエピソードは(以下ややネタバレ)

続きを読む "映画「ミラル」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧